布ナプキンって本当に排卵痛に効くの?

投稿日:

生理の悩みといえば、生理痛や排卵痛などの痛みですが、毎月重い痛みで苦しむ人も多いのではないでしょうか。

そんな女性にオススメしたいのが布ナプキンです。布ナプキンのメリットとして、生理痛や排卵痛の痛みを和らげるといわれています。でも、なぜ布ナプキンに変えるだけで排卵痛が和らぐのか不思議ですよね。今回は、布ナプキンがなぜ排卵痛に効くといわれているのかご紹介します。

排卵痛はいつ起こる?

排卵痛はいつ起こる

排卵痛とは、排卵日の前後に起こる下腹部の痛みで、長くても3日あれば収まるといわれていますが、程度の重い人によっては生理痛と同じような重い痛みを感じる人もいます。

排卵痛の原因は、肝臓機能の低下やストレス、血流の低下といわれています。ストレスや疲れが溜まりホルモンバランスが崩れると痛みがひどくなる場合があるようです。

布ナプキンって排卵痛に効くの?

布ナプキンって

布ナプキンを使い始めてから排卵痛が緩和されたという声をよく聞きますが、なぜ布ナプキンに変えるだけで緩和されるのか不思議ですよね。

実は、排卵痛も生理痛と同じように、冷えていて血流が悪いほど、痛みを感じやすいといわれています。

そのため、布を何枚にも重ねてできている布ナプキンを着けることで、服の重ね着と同じような温め効果が得られ、排卵痛の緩和にもつながっているのではないかといわれています。

温め効果

また、ストレスによるホルモンバランスの乱れや血流の滞りも、排卵痛の原因といわれていて、生理中のデリケートゾーンのムレや、かぶれなどのストレスを感じやすい方も、痛みを感じやすくなるようです。

カサカサ感を感じやすい紙ナプキンと違い、布ナプキンは肌触りや通気性が良いため、ムレやかぶれを防止してくれます。そのため、布ナプキンを使用して生理中のデリケートゾーンのストレスが解消されることも、排卵痛の緩和につながるといわれています。

排卵痛や生理痛があると、日常生活にも支障が出てしまい困ってしまいます。薬を飲んで痛みが和らぐこともありますが、根本的な解決にはなりません。

布ナプキンは、身体をあたためて排卵痛の根本的な原因をなくす役割をします。排卵痛で悩んだときは、ぜひ一度布ナプキンを試してみてはいかがでしょうか。

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品