排卵痛の対処法まとめ

投稿日:

毎月1回やってくる排卵痛…考えるだけで憂鬱な気分になりますよね。排卵痛が終わったら次は生理痛が来ると考えると、さらにいやな気分になってしまう人も少なくないでしょう。今回は、排卵痛をなるべく和らげる方法をご紹介します。

生理と生理の間の時期に来る排卵痛・・・原因は?

生理と生理の間の時期に来る排卵痛

生理が終わり、次の生理までの間に排卵痛を感じる人は少なくありません。排卵痛は通常1~3日で終わる短いものですが、ひどい人はあまりの痛さに動けなくなってしまうこともあります。

排卵痛は、卵巣から卵子が排出されるときの痛みだといわれています。このとき出血も起きるため、排卵出血が見られる人もいるようです。女性は毎月1回排卵するだけで傷ついているといっても良いでしょう。この傷の痛みを強く感じる人や、何らかの理由で排卵時に痛みを強く感じる人は、排卵痛や排卵出血に悩んでしまうこととなります。

この痛みは排卵痛かな? と迷っている方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

排卵痛が起きたらどうしたらいいの?

排卵痛が起きたら…

排卵痛が起きたらどうしたらいいのでしょうか?

一般的に、排卵痛は生理痛と同じように、あたためることで緩和するといわれています。温かい飲み物を飲んだり、布ナプキンを使い、子宮を冷えから守りましょう。

また、下半身、特に骨盤周りの運動は子宮や卵巣周りの血流を良くするためオススメです。どうしても耐えられない場合は、鎮痛剤を飲んでも良いと思いますが、根本的に解決しなければ毎月薬に頼ることになってしまいます。

排卵痛の治療法として挙げられる代表的なものはピルの服用です。ピルを服用することで排卵を抑え、排卵痛を解消することができます。薬での治療は避けたいという方は、体質改善が必要となります。食生活や生活習慣から見直してみましょう。

詳しくはこちらでご紹介しています。

女性の体は少しのホルモンや子宮などの働きで大きく変わってしまいます。排卵痛を感じることはつらいですが、逆に排卵日がわかりやすくてよかったというポジティブな意見も聞かれます。

あまり悩み過ぎないようにしてストレスをためないことが排卵痛改善に効果があるかもしれません。

この記事を読んだ方にオススメの布ナプキンはこちら

こんな人におすすめ

  • 下着汚れを防ぎたい
  • 毎日の冷え対策をしたい
  • 軽失禁が気になる
  • 生理の始まりや終わりかけに使いたい
商品一覧を見る

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品