子宮内膜症と排卵痛の関係

投稿日:

排卵日の調べ方

排卵のときに起こる排卵痛は、女性特有の生理現象の1つですが、あまりにもひどい場合は病気が隠れている場合もあります。

子宮内膜症は代表的な婦人系疾患の1つで、排卵痛と関係があります。おなかの辺りで起こる痛みは子宮や卵巣以外の病気もあるため気付きにくいものですが、子宮内膜症などが隠れている場合は不妊の原因になることもあります。

今回は子宮内膜症と排卵痛の関係について解説していきます。

排卵痛がひどい…これって病気?

1231_01

排卵のときに起こる排卵痛は、痛みの程度に個人差はありますが、女性ならば自然な現象です。

しかし、あまりにも痛みがひどい場合は、卵巣が腫れている可能性があります。卵巣が腫れる病気はいくつかありますが、そのうちのひとつに子宮内膜症があります。

子宮内膜症とは、子宮内膜の組織が子宮内膜以外の場所にできてしまう病気のことです。子宮内膜が卵巣のなかで増殖して血液がたまったりすると「チョコレートのう胞」と呼ばれるものになります。

これは卵巣が腫れる原因となり、卵巣が腫れることによって排卵期の排卵痛がひどくなったり、生理や性交時に痛みがひどくなったりします。また、子宮以外の臓器で子宮内膜が増殖すると臓器と臓器の癒着を引き起こすことがあり、それも排卵痛の原因の1つになることがあります。

子宮内膜症チェック

1231_02

子宮内膜症の症状をチェックしてみましょう。以下の症状が見られる場合、子宮内膜症の疑いがあります。

  • 月経のとき以外にも下腹部に痛みがある
  • 経血量が多い
  • 経血にレバー状の血が混ざっている
  • 排便痛がある
  • 生理前後1週間おなかが張る
  • 生理痛がだんだん強くなっている

あてはまるものが多いときは、婦人科へ行くことをオススメします。子宮内膜症以外の病気が隠れている場合もあるため、痛みがある場合は我慢せず、すぐに病院へ行きましょう。

治療法は?

1231_03

子宮内膜症の治療として、低用量ピルの服用や漢方薬の服用があります。低用量ピルは排卵を止めるものなので、子宮内膜症の発症率が下がるといわれています。

ただ、妊活中の人はピルを使えないため、漢方などで体質改善を試みることが多いようです。あまりひどくない場合は鎮痛剤を服用して様子観察になります。

婦人系疾患の中でも代表的な子宮内膜症ですが、放置していると痛みがひどくなったり不妊の原因になったりするため早期の治療が必要です。定期的に病院へ行って診てもらったり、自分の体調や生理時の体のサインを見逃さないようにすることで早めの発見を期待できます。

nunonaのおすすめ商品