出産後の排卵痛で悩んでいる人に読んで欲しい記事

投稿日:

出産をする前には排卵痛を感じたことがなかったのに、出産してから排卵痛がひどい…とお悩みの方はいませんか?

出産後の排卵痛に悩む人は意外に多いのです。出産後に排卵痛がひどくなる理由と、緩和する方法についてご紹介します。

出産後に排卵痛がひどくなる原因

出産後に排卵痛がひどくなる原因

出産後に排卵痛がひどくなる原因としては、出産によって体質が変わったり、卵巣の働きが落ちホルモンバランスに変化が出ることによって、今まで排卵痛がなかった人も排卵痛を感じるようになる場合があるようです。出産によって骨盤が開くため、それによる影響も大きいそうです。

出産は女性の体が大きく変わるきっかけとなります。その体の変化によって、排卵痛が引き起こされる場合が多いのです。

排卵痛を緩和するには?

排卵痛を緩和するには?

排卵痛は排卵が起こる女性にとってはごく自然な現象なので、完全になくすことは難しいものです。しかし、生活習慣や食習慣を変えることで痛みを緩和することができる場合があります。

骨盤や股関節のゆがみを治す

排卵痛の原因のひとつとして骨盤のゆがみや股関節のズレがあります。整骨院などで治療を受けることで骨盤のゆがみを解消できる場合もありますし、日々の姿勢に気をつけることで改善できる場合もあります。横座りや足を組んだりという姿勢は骨盤のゆがみの原因になる場合があるため、気をつけたほうが良いでしょう。

ホルモンバランスを整える

出産後にホルモンバランスが変化し排卵痛が起こっている場合があります。この場合、ホルモンバランスを整えることが重要です。規則正しい生活、適度な運動や、大豆製品・ナッツ類を多く取り入れた食生活などがホルモンバランスを整えるカギです。また、適宜ストレス解消をしてストレスをためないように心がけましょう。

体を冷やさないようにする

子宮や卵巣などの器官は冷えに弱く、冷えてしまうことで機能が低下してしまうこともあります。冷えを改善することで血流が良くなり、排卵痛が緩和するそうです。冷たい飲み物は避け温かい飲み物を飲む、足湯や手浴を行う、紙ナプキンから布ナプキンに変えるなど、毎日の中で少し気をつけるだけで冷えが改善することがあります。

冷え対策にオススメの布ナプキンはこちら

こんな人におすすめ

  • 下着汚れを防ぎたい
  • 毎日の冷え対策をしたい
  • 軽失禁が気になる
  • 生理の始まりや終わりかけに使いたい
商品一覧を見る

いかがでしたか?

出産後の排卵痛は毎日小さなことに気をつけるだけで改善する場合があるので、試してみてくださいね。排卵痛がひどいときやいつもと違うと感じたときは、病気が隠れている場合もありますので、おかしいと思ったらすぐに病院へ行くことをオススメします。

nunonaのおすすめ商品