下腹部・子宮の痛み・・・これって病気?

投稿日:

女性は生理や排卵の関係で下腹部に痛みを感じることが多いものです。

生理のときに痛くなるのはみんな経験することですが、生理以外のときに子宮が痛むと、なにか病気かな? と不安になりますよね。

今回は子宮の痛みからわかる病気や体のサインをご紹介します。

生理じゃないけど子宮が痛む

生理じゃないけど子宮が痛む

生理じゃないときに子宮が痛むときは、さまざまな病気の兆候が考えられます。下腹部の痛みから考えられる婦人系の病気としては、卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮外妊娠、子宮内膜症があります。

下腹部、特に右か左どちらか片側に痛みがあり、おりものが増加したり、ウエストがきつくなるような下腹部のハリがある場合卵巣腫瘍が考えられます。

生理痛がひどかったり、月経血の増加、腰痛、頻尿などの症状が見られたら子宮筋腫を疑いましょう。

生理3日目を終えても下腹部痛があったり、持続した不正出血がある場合は子宮外妊娠かもしれません。いつもと違う痛みなどを伴う生理がきたらチェックしてみましょう。

生理痛がだんだん重くなってきた、血の量がだんだん多くなってきた、排便時や性交時に下腹部の痛みがある、腰痛があるという人はという方は子宮内膜症の疑いがあります。

これらの病気は自分で診断することが難しいため、少しでもおかしいなと思ったらすぐに婦人科を受診することをおすすめします。

排卵時に子宮が痛む

排卵時に子宮が痛む

生理と生理の間の時期、排卵日付近に子宮の痛みを感じたり少量の出血がある人もいます。この痛みは排卵痛と呼ばれるもので、生理現象の1つなので心配する必要はありません。

大きくなった卵胞が卵膜を刺激していることや、卵子が卵巣から飛び出すときの痛みが排卵痛の原因だと考えられています。排卵痛を軽減するためには体の冷えをとり、血流をよくすることが有効だといわれています。

生理の前に子宮がチクチクと痛む

生理の前に子宮がチクチクと痛む

生理の前に子宮がチクチクと痛むことがあります。これは、ほとんどの場合生理的な現象の1つで、女性ホルモンの働きによって引き起こされます。

排卵期から生理前に黄体ホルモンと卵胞ホルモンが入れ替わることによって、体の不調があらわれることが多く、ホルモンバランスの乱れが大きいと痛みも大きくなることがあります。

また、生理が近づくとプロスタグランジンというホルモンが分泌され、経血を排出するために子宮が収縮します。

この収縮に伴い痛みが引き起こされるため、プロスタグランジンの分泌が多いほどに、生理前や生理中の子宮の痛みが大きくなります。あまりの痛みに生理前から薬が手放せない…という人も多いのではないでしょうか。

排卵時に子宮が痛む

生理前や生理中の子宮の痛みを緩和するためには、子宮付近をあたためて経血の排出をスムーズにすることで、プロスタグランジンの分泌を抑える必要があります。

使い捨てカイロをおなかにあててあたためたり、温かい飲み物を飲む、湯船にゆっくりつかるなどの習慣をつけることで体があたたまり、血流がよくなります。

また、布ナプキンは服の重ね着と同じように冷え防止の効果があるため、生理痛や排卵痛が緩和されたという声もあります。

子宮は女性にとってとても大切な臓器のひとつです。日常的に体を冷やさないような生活をしたり、食事を改善したりして子宮周りの環境を整えることが大事です。

また、病気が隠れている場合もありますので、痛みを感じたら我慢せずにすぐに婦人科を受診しましょう。

nunonaのおすすめ商品