おすすめ布ナプキン効果~ムレ・かぶれ・かゆみの緩和~

投稿日:

「布ナプキンって何が良いの?」「面倒くさいのに、それでも使うメリットを教えて」と、良く聞かれます(。・ω・)ノ゙

いいことありすぎて、何から話そうか迷うくらい「効果」と「メリット」がありますよd(・ω・´。)
今回は、part.1と称して布ナプキンユーザーがもっとも布ナプキン効果を実感した「ムレ・かぶれ・かゆみ」についてご紹介いたします(*^^*)

布ナプキンユーザーがもっとも効果を実感した「ムレ・かぶれ・かゆみの緩和」

布ナプキン効果 ムレ・かぶれ・かゆみの緩和

紙ナプキンのビニール加工がムレの原因

紙ナプキンは雨ガッパと同じ素材

紙ナプキンがムレやすい原因の1つとして、漏れを防止するために貼っているビニールが原因だと考えられています。ビニールを貼ることで水漏れをばっちり防ぐ変わりに通気性が悪くなって、コットンよりもムレが発生しやすい状態になっていると言われています(´△`)

想像してみてください・・・夏も冬も水を通さないビニールでできた雨ガッパを着ると思うと、想像するだけで暑いし、ムレそうで不快な感じがしますよねZ(´・ω・|||)それがナプキン内で起きているんですヽ(。・`□´・)ノ

布ナプキンの透湿防水布がムレ緩和の要因♪

布ナプキンは下着を穿いている状態

布ナプキンは漏れそうで不安という方が多数いらっしゃいますが、布ナプキンはビニールを使わず「特別な防水布」でしっかり防水加工をしているんです(*´_●`)∩

特別な防水布とは、透湿防水布のこと。「水を通さない=通気性が悪そう=ムレそう」とマイナスなイメージを持たれがちですが、nunonaで採用している防水布なら表地にポリエステル、裏地にポリウレタンエラストマーシートを使い、湿気や汗をしっかり放散、ナプキン内に湿気をためこまないんです。空気が流れるので、ムレを抑えて生理の独特なニオイの発生も抑えます(。・ω・。)同じ水を通さない素材なら、通気性が良い方がいいですよね♪透湿防水布ならムレにくい効果と漏れにくい効果を両方実感できるんです((ヾ(*ゝω・*)ノ☆

紙ナプキンの肌面素材は換気扇フィルターと同じ素材

紙ナプキンの肌面素材は換気扇フィルター

紙ナプキンの肌に触れる素材は「不織布」で作られています。「不織布」とは、すごく私たちの生活に身近な素材で、キッチンでは換気扇フィルターとして、お部屋では主に洋服カバーとして使われていたりします(゜ロ゜)製造方法は、繊維を織らずに熱を使って化学物質で繊維を接着するというもの。長所としては大きさを自由に変えたり、大量生産できることが挙げられますが、生理用品として使用するには肌触りが悪く、化学物質を使用しているので体に良くないという欠点が挙げられます(´・ω・`;)

この製造工程や素材により、不織布で作られた紙ナプキンは、動いてこすれるとヒリヒリ痛くなったりかゆくなったりしやすいんです。化学物質が肌に合わずに荒れてしまう方も多いそうです。私も昔は紙ナプキンだったので、常に軟膏を携帯して生理後は軟膏を塗ってケアしてました(/Д`)

布ナプキンの肌面素材はいつもの洋服と同じ素材♪

布ナプキンの肌面素材は普段の洋服と同じ素材

布ナプキンの肌に触れる素材は、普段みなさんが着ている「下着や洋服と同じコットン素材」で作られています(●´ω`人´ε`●)コットンは木綿植物の種子につく綿毛から作られた素材のことで、製造方法は、繊維を織って作られています。素材そのものの特徴が活きているので、吸湿性や速乾性が良くやわらかいのが特徴です(*ゝω・)ノ

普段の下着や洋服のほとんどがコットン素材で作られているのも、私たちの肌がコットンの肌触りや通気性を心地よく感じているから♪生理のときも普段と同じ下着だけでいる状態と同じなので、かぶれ・かゆみの緩和が実感できるんですヽ(´∀`。)ノ゚.

nunonaの布ナプキンは、コットン素材の中でも肌触りの良いオーガニックコットンを使用しているので、ふんわりやわらかく、通気性が良いでのいつもの下着よりもっと快適に過ごせますよ♪

この記事を読んだ方にオススメの布ナプキンはこちら

こんな人におすすめ

  • ムレ・かぶれ・かゆみを緩和したい
  • 生理中の不快感をなくしたい
  • 毎月の生理を快適に過ごしたい
  • まずは布ナプキンを試してみたい
商品一覧を見る

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品