生理前の暴飲暴食、原因と改善方法は?

投稿日:
暴飲暴食

生理前になると食欲が増して、ついつい食べ過ぎてしまうという女性は少なくありません。ダイエットをしていたのに生理前の食欲に負けて挫折する…という経験をした人も多いのではないでしょうか。今回は生理前に食欲が増す原因と、乗り越える方法をご紹介します。

生理前に食欲が増す理由は?

生理前

生理が起こるのは、女性の体の中でホルモンが分泌され、卵胞期、黄体期などの一定の周期を繰り返しているためです。

生理前に食欲が増す原因は黄体ホルモンというホルモンにあり、このホルモンの分泌により血糖値が下がります。血糖値が下がると血糖値を安定させるためにアドレナリンが分泌されます。血糖値の低下により人は甘いものを食べたくなり、アドレナリンの分泌により食欲が増すのです。

生理開始1週間~10日前からこの空腹感を感じる人が多いといわれています。

食欲を抑える方法はあるの?

食欲を抑える

生理前の食欲の増幅は自然なことなので無理に抑える必要はありませんが、ダイエット中の人にとっては生理前の食欲は大敵なため、暴飲暴食を防ぎたいですよね。

根本的に食欲を減らすのは難しいですが、食べ物によっては食欲を抑えることができる効果が期待できるものがあるため、暴飲暴食を防げる可能性があります。

ビタミンB6を含んだ食材を食べる

食欲を抑える働きがあるのはビタミンB6を含んだ食材です。ビタミンB6を含んでいる食材は、アボガド、バナナ、牛レバー、鶏レバー、かつお、マグロ、鶏挽肉、卵、あずきなどです。

血糖値を下げないようにする

血糖値が下がると甘いものを食べたくなってしまうため、血糖値を維持できる食べ物を口にするようにします。かぼちゃ、玄米、サツマイモは血糖値を急激に上げず維持してくれるためオススメです。また、炭水化物をとることもオススメです。

ダイエット中だけどお腹いっぱい食べたい…そんなときにオススメの食材

ダイエット中

ダイエット中だけど、どうしても我慢できないというときには、ストレスを溜めずに食べてしまいましょう。

しかし、脂っこいものや甘いものを暴食するとダイエットに失敗してしまうかもしれません。そんなときにお腹いっぱい食べられるローカロリーなものを紹介します。

低カロリーゼリー

コンビニなどでも買えますし、簡単なので自分でも作れます。ゼロカロリーのジュースを使ってゼリーを作れば、自分好みのローカロリーおやつができ上がります。

歯ごたえのあるもの

よく噛んでゆっくり食べることは、満腹中枢を刺激し食べすぎを防ぐことができます。こんにゃく、ごぼう、キャベツ、レンコンなどを使って料理のかさましを行うと、満足感のある食事をすることができます。

他にも、食べた分だけ運動したり、基本的な基礎代謝を上げることで消費カロリーが上がり痩せやすくなります。

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品