二十歳過ぎても生理不順・・・これって大丈夫?

投稿日:
20歳

初潮を迎え、生理が始まったばかりのころや10代のうちは、ホルモンバランスが安定せず生理不順になりやすいものです。また、環境の変化や受験、就職などをきっかけに生理不順になることもあります。

10代のうちはまだ生理が安定しない、と広く言われていることもありあまり心配していなかった生理不順も、20代まで続くと「もしかして病気なのでは?」と不安になりますよね。

今回は生理不順について知り、自分の体を見直してみましょう。

生理不順のタイプ

生理不順

一言で生理不順といっても、実は生理不順にはタイプがいくつかあります。それぞれ原因や疑うべき病気が異なるため、自分がどのタイプに当てはまるのかをチェックしてみましょう。

月経の周期は通常25~38日のサイクルになっています。このサイクルが大きく乱れている場合は病気が潜んでいる可能性もあるため、まずは自分のサイクルをチェックしてみましょう。

1ヶ月に何度も生理が来る → 頻発月経

1ヶ月に2回以上生理が来るような月経を、頻発月経といいます。頻発月経とは月経周期が24日以下という短いサイクルになっている状態で、原因としてはホルモンバランスの乱れ、卵巣の機能低下などが挙げられます。

長い間生理が来ないことがある → 稀発月経

何ヶ月も生理が来ないということが頻繁にある状態を稀発月経といいます。稀発月経とは39日以上の月経周期になっている状態で、原因として卵巣の機能低下やホルモンバランスの乱れ、無排卵になっている可能性があります。

ストレスなどにより生理がとまることはありますが、しばらくしても月経周期が安定せず60日以上生理が来ない場合は、何らかのトラブルを抱えている場合があります。

また、ダイエットなどの急激な体重減少によって生理がとまることもありますが、体重減少性無月経は治療に時間がかかる場合があります。

生理の期間が長い → 過長月経

生理が8日以上続く場合は、過長月経といいます。原因としては子宮の病気や、脳下垂体、卵巣、視床下部など女性ホルモンに関わる器官に問題がある場合があります。

出血が多い → 過多月経

経血が多く、レバー状の塊が混じったり、生理痛が重い場合は過多月経といいます。このとき、子宮の病気やポリープが原因になっていることがあるため注意する必要があります。

出血が少ない、生理がすぐ終わる → 過少月経・過短月経

経血の量が極端に少ないことを過少月経とよび、生理が2日以内という短い期間で終わってしまうことを過短月経といいます。これは女性ホルモンの分泌が少ないことや、子宮の発育不全が原因として挙げれます。

生理不順から考えられる病気

病気

それぞれの生理不順の症状によって、疑うべき病気がわかります。実は重大な病気が隠れていた…という場合もありますので、一度チェックしてみましょう。

頻発月経
黄体機能不全など
稀発月経
多嚢胞性卵巣症候群、脳の視床下部や下垂体の機能障害など
過長月経
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜ポリープ、子宮、卵巣がんなど
過多月経
子宮筋腫、子宮内膜炎など
過少月経・過短月経
子宮発育不全、アッシャーマン症候群、子宮内膜炎など

生理不順の改善方法

改善

病院で診てもらって何も異常がないのに生理不順が治らないという場合は、生活習慣の見直しが必要となります。この場合、原因としてはホルモンバランスの乱れやストレスによって卵巣の働きが低下していることが多く、生活を見直すことでそれらが改善する場合があるためです。

バランスの良い食事を摂る、湯船に毎日つかるようにする、ストレス解消を行う、体を冷やさない、無理なダイエットをしない、十分な睡眠をとるなどのことに気をつけるだけでも体の働きは良くなります。

また、自分の体の調子はおりものや経血の様子を観察することでわかります。おりものや経血を見るには、布ナプキンを使用するとわかりやすくなり、体の冷えも防げるためオススメです。

女性の体は自分で思っているよりもデリケートです。生理不順を放置していると不妊の原因になることもあるため、しっかりと自分の体をケアし、少しでもおかしいなと思ったらすぐに婦人科へ行くことをオススメします。

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品