美容大国『韓国』の生理用品事情

投稿日:
美容大国韓国

“美容大国”といわれている韓国。日本から近いということもあって、韓国の美容製品など日本でも人気が高いですよね。そんな韓国では、今じわじわと布ナプキンが注目されています!

美容大国が布ナプキンに注目している理由はいったい何なんでしょうか? この記事では韓国の生理用品事情をご紹介します。

韓国の生理用品事情は?

突然ですが、みなさんは海外旅行に行くとき生理用品はどうしていますか? 現地で買わずに、日本から持っていくことが多いのではないでしょうか?

使い慣れている日本製の生理用品の方が安心ではありますが、韓国にはちょっと試してみたくなるような生理用品が売られています。

韓国では生理用品に生薬配合!?

韓国では生理用品に生薬配合

韓国の生理用品、主に紙ナプキンも日本と同じく昼用・夜用・羽根の有無・長さなど種類は豊富ですが、人気なのが”漢方生理用品”。なんと「よもぎ」や「高麗人参」など生薬が配合されたものが売られています。

もともと漢方は中国の中医学を元に日本で作られた伝統医学で、女性特有の体調不良に関しても効果があると注目されています。もちろん個人差はありますが、漢方の効果で血液の流れがよくなることで身体が温まり、冷え性や生理不順にも効果があるといわれています。

そんな漢方を配合した生理用品を、韓国ではコンビニやスーパー買うことができます。しかし、なかには漢方のにおいがキツいものもあるそうで、好みが分かれそうですね。

美容大国の韓国が布ナプキンに注目する4つの理由

布ナプキンに注目する4つの理由

先ほどは韓国の紙ナプキンについてご紹介しましたが、最近は韓国でも布ナプキンが注目されはじめ、専門店ができるなど認知度があがってきています。しかし、漢方生理用品などが日常的に手に入る韓国で、なぜ布ナプキンが注目されているのでしょうか?

調べてみると、どうやら布ナプキンの効果が注目され、話題になっているようでした。ここではそんな布ナプキンの4つの効果について紹介します。

効果1ムレ・かぶれ・かゆみの緩和

紙ナプキンの肌に触れる素材は「不織布」がほとんどですが、それに対し布ナプキンは「コットン素材」で作られています。そのため布ナプキンの場合、普段の下着を着けている状態とほとんど変わらず、ムレ・かぶれ・かゆみなどになりにくい作りになっています。

効果2生理痛・排卵痛が緩和される

生理が近づくと訪れる生理痛。その原因の1つには体の冷えがあります。布ナプキンは洋服の重ね着と同じ効果を発揮するため、冷えを予防し血液循環がよくなることで生理痛や排卵痛の緩和が期待されています。

効果3生理のニオイが気にならない

生理中のニオイを気にする女性は約9割といわれています。ニオイの主な原因は、ムレによる雑菌の繁殖などがあります。これに対して布ナプキンは通気性が良いのでムレを軽減し、ニオイの発生を抑えてくれます。

効果4冷えにくい構造なので体質改善も期待できる?

冷えにくい構造なので体質改善も期待できる?

韓国が布ナプキンに注目している大きな理由は、冷えとりや体質改善が期待できる点です!

布ナプキンは身体にあたる部分はオーガニックコットン、外側の層は湿気を逃しても経血は逃さない透湿防水布を使っているので、ビニール素材を利用した紙ナプキンよりも、ムレや気化熱による冷えがおきにくくなっています。そのため、布ナプキンは冷えとりシートともいわれています。

慢性的な冷えは代謝を下げ、PMSや生理痛の原因になるだけでなく、痩せにくい身体を作ってしまいます。美容大国の韓国で布ナプキンが流行しているのは、冷えとりによる体質改善が期待できることが大きいのではないでしょうか?

美容大国の韓国でも注目されている、生理時のストレスなどを軽減させてくれる布ナプキン。気になった方は試してみるのもいいかもしれませんね♪

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品