はじめてさんにわかりやすい布ナプキンの洗い方

投稿日:
布ナプキンの洗い方を詳しくご説明(。・ω・。)
布ナプキンの洗い方

洗うのは面倒くさそう・大変そうだと思っている方でも、これを見れば安心して始められますよ(*^^*)

布ナプキンの洗い方140℃以下のぬるま湯または水でもみ洗いをする

40℃以下のぬるま湯または水でもみ洗いをする

血液は温度を上げ過ぎるとタンパク質が凝固し、落ちにくくなります。 40度を目安に熱すぎないぬるま湯で洗いましょう。

もみ洗いをするときは経血を押し出すように少し強く握ります。何度か揉んで中から経血を押し出し、ナプキンから出てくる水が透明になったら次のステップにうつります。
このとき表面の汚れが気になる場合は、軽く手や洗濯板で擦ります。強く擦ると布がボロボロになるので、優しく擦りましょう。

布ナプキンの洗い方23時間~半日浸け置きをする

3時間~半日浸け置きをする

浸け置き用の水を用意します。水1.5Lに対してアルカリウォッシュ(洗濯洗剤)を大さじ1杯程度溶かし、浸け置き容器に入れます。
経血は少し頑固な汚れなので、袋に記載されている洗濯洗剤の分量より少し濃いめになるように入れてください。ただし、多すぎると色落ち原因になるので適度に入れましょう(*´・A・`*)ノ

汚れている部分がすべて浸かるように入れたら、その状態で3時間~半日ほど浸けおきます。その時の経血の状態によって浸け置きにかかる時間が変わるので、慣れるまでは様子を見ながら必要な時間の感覚をつかんでいってください。

汚れが落ちない時は、水を新しいものに変えたり洗濯洗剤水を濃くしてみてください。水の汚れがひどくなってきた時点で一旦洗濯洗剤水を捨て、新しく洗濯洗剤水を入れて浸け置きをしてください。
置きすぎは雑菌の発生原因になるので、浸け置きをしたら忘れずに時間をみて取り出しましょう。お風呂のときに、体を洗うついでに布ナプキンも洗うと楽チンですよ(^^)

布ナプキンの洗い方3天日干しでしっかり乾かす

乾かす

浸け置き容器から取り出してみて汚れがとれていれば、後は乾かすだけでOK。汚れがまだ気になる時は、少し揉み洗いをし直したり、ネットに入れて洗濯機で洗ってください。

洗濯後は天日干しでしっかり乾かしてお洗濯完了!天日干し(紫外線)には殺菌効果もあるのでおすすめです。天日干しができない場合は、充分に干して乾かしましょう。濡れたまま、十分に乾かない状態だとカビの原因になりますので、注意してくださいね。

ドライヤーやストーブで乾かすと、生地が傷む原因となりますので、できるだけ避けてください(・ω・´。)

よく聞かれる布ナプキン洗い方のQ&A

よくある洗い方のQ&A
1.
煮沸洗浄はした方がいいですか?
A:
煮沸洗浄は消毒効果がありますが、熱湯での煮沸洗浄は素材をいためることがあるのでお避けください。
2.
アイロンはかけても大丈夫ですか?
A:
はい、大丈夫です。アイロンをかける場合は、スナップボタンを避けてアイロンをかけてください。高温は生地を傷める可能性がありますので、低温でかけてください。
3.
乾燥機はかけても大丈夫ですか?
A:
はい、大丈夫です。はい、大丈夫です。ただし、乾燥機のかけすぎは防水布の機能を低下させる恐れがありますので、できるだけ天日干しをしてください。

使い方が難しそうに思われがちですが、使ってみると実は簡単なので、是非一度布ナプキンをためしてみてください♪

  • 布ナプキンはじめてセットを探す
  • 布ナプキンの使い方

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品