終わりかけの生理、いつもよりニオイがきつくなっていませんか?

投稿日:

終わりかけの生理などのニオイ…気になる!

終わりかけの生理のニオイについての悩み

普段の生理はそこまでニオイが気にならないのに、終わりに近づくほど生理のニオイがきつくなっている気がする…。もうほとんど出血もしていないのにどうして?

そんな風に感じたことありませんか?
生理中と比較して、生理の終わりかけは「ナプキンの交換頻度」が減っていませんか?

終わりかけの生理などのニオイ…気になる!

生理中はナプキンが汚れるのでこまめに交換している人が多いと思いますが、生理の血液が減って生理の終わりに近づくと、ナプキンもそれほど汚れないので、交換する頻度が減る人が多数います。

生理の血(経血)は本来におわないのですが、ムレることで雑菌が繁殖し、ニオイが発生するようになります。

一旦雑菌が発生するとニオイが収まることはありませんので、生理の終わりかけでナプキンが汚れていないときでも、生理中と同じように2~3時間に1回は必ずナプキンを交換し、できる限りムレることのないように膣の環境を守りましょう。

ナプキンはこまめに交換

ナプキンはこまめに交換

人間の体温や膣の湿度は雑菌が繁殖しやすい環境となりますので、2~3時間経っていない場合でも、ムレやニオイが気になったらこまめに交換しましょう。

こまめに交換してもニオイがなかなか軽減しない方は、ナプキンの交換時に陰毛をしっかり拭いたり、紙ナプキンをやめて布ナプキンを使ってみましょう。

紙ナプキンの一部には、経血を吸収すると化学反応でニオイを発する成分が含まれているものがありますので、布ナプキンにするだけでニオイが軽減することもありますよ。

ニオイの原因って?

デリケートゾーンの悩み

生理中じゃなくても、デリケートゾーンが臭う気がする…

こんな風に気にしている人もいるかと思います。

ニオイの原因って?

デリケートゾーンのニオイの原因…それはずばり雑菌です。正確には、雑菌が栄養を摂って繁殖することによって排出される老廃物。これが、ニオイを発する原因になっているのです。

デリケートゾーンに多く分布している汗腺も関係しており、その汗腺のひとつであるアクアポリン腺からは、脂肪やアンモニアなど雑菌にとって栄養豊富な汗が分泌されます。

そして、雑菌が繁殖しやすい環境としては、栄養があること、高温と多湿があります。この雑菌を防ぐためには、デリケートゾーンの風通しをよくすること、なるべく清潔にすることが大切です。

人には聞けない! デリケートゾーンのケアの仕方について

デリケートゾーンのケアの仕方について

清潔にしておくためには、正しいケア方法でケアしていくことが大切になります。そこで今回は、なかなか聞く機会がないケア方法をご紹介いたします♪

普段は、石鹸でカラダを洗うと思いますが、デリケートゾーンは皮膚が薄く粘膜も多いため、石鹸やボディーソープで直接洗ってしまうと必要な菌まで落ちてしまいます。

石鹸で洗いたいときは、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うようにしましょう。専用の石鹸はデリケートゾーンの部位と同じ酸性であるので、必要な菌を残しながら洗うことができます。

洗うときは、前から順に洗い、デリケートゾーンは複雑な構造になっているので、こまかいひだのところまで、指の腹でしっかりと洗うことで、細かい部分まで入りこんでいる雑菌を落としましょう。

しっかりとケアして、悩みのないデリケートゾーンを目指しましょう!

この記事を読んだ方にオススメの布ナプキンはこちら

こんな人におすすめ

  • かぶれてヒリヒリ痛くなる
  • ニオイが気になる
  • かゆくて座っていられない
  • よく使うサイズを試したい
商品一覧を見る

nunonaのおすすめ商品