タイミング法で妊娠の確率をアップ

投稿日:

妊娠の可能性を上げるタイミング法

637_01

赤ちゃんを強く望む方の間で妊娠の確率を高める方法として注目されているのがタイミング法です。

年齢を問わず、妊娠の確率が最も高いのは排卵日の2日前と言われています。これは、排卵日の2日前に性交をした場合、精子が元気な状態を保ったまま女性の体内の貯蔵所で蓄えられ、やがて排卵されたばかりの新鮮な状態の卵子と受精するからです。そのタイミング以外では妊娠の確率は下がってしまい、排卵日当日になると2日前の50%以下の妊娠率になってしまいます。

自分の排卵日を知り、その2日前のタイミングに定めて子供をつくろうとすること、それがタイミング法です。

自分の排卵日を知ろう

637_02

タイミング法を実践するにあたって最も重要なこと、それは自分の排卵日を知ることです。

排卵日を知るために基礎体温をつけているという方もいますが、基礎体温表からわかるのは「排卵日と思われる日がこのあたりにあった」ということであり、事前に排卵日を知りたいタイミング法では参考にできません。なにしろ排卵日から2日ズレただけで妊娠率は一気に下がってしまうので、後から排卵日を知った時には遅くなってしまいます。

より正確に排卵日を知るにはどうしたらいいか、最もいい方法はおりものをチェックすることです。

排卵期が近づくとおりものの量が増え、粘り気が強くなります。おりものを指に取り、親指と人差し指で伸ばしてみても切れなくなり、10センチ近く伸びても切れなくなったらいよいよ排卵日が近いというしるしです。

また、おりものの量は排卵の2、3日前が最も多くなると言われています。おりものの粘り気と量をチェックし、できるだけ正確に排卵日を把握しましょう。

おりものチェックには布ナプキンがおすすめ

637_03

排卵時期を知るためにおりもののチェックが有効ですが、少しずつ変わるおりものの変化をチェックするなら布ナプキンがおすすめです。かぶれなどのストレスが少ない布ナプキンなら、より自然なからだの状態で分泌されたおりものをチェックすることができ、排卵日が近くなってからのおりものの変化にも気づきやすいのです。

おりものは月経周期に合わせて状態が変わります。

月経直後(卵胞期前半)

おりものの量が一番少ない時期です。さらっとして粘り気はなし、匂いは少し強め。残った経血が少し混ざることも。

排卵前(卵胞期後半)

おりものの量が徐々に増えていく時期です。粘り気は少なく、色は白っぽい~クリーム色。

排卵期

おりものの量が一番多い時期です。色は透明で水分が多いとろみのあるもの、排卵日が近づくと粘り気が増えます。匂いは少なめ。

黄体期

量が減り始め、色も透明から白っぽいものに変わり、粘り気も減っていきます。月経開始が近づくに連れて匂いが強くなることがあります。

おりものは膣の自浄作用によって分泌されるもので、体調や環境によって状態も変わってきます。それらの変化を見逃さないようにするために、肌にやさしい布ナプキンはおすすめです。

おりものの悩みもカバー

637_04

生理同様、おりものにお悩みの方も多くいらっしゃいます。量が少ない時期であってもおりものの日が続けばムレやかぶれを感じたり、ムズムズとしたかゆみも起こってしまったら、それがからだへのストレスになることもあります。ストレスは体の大敵です。特に妊娠を希望している女性であればなおさら体への負担は少しでも減らしたいものですね。

普段のデリケート部分の肌のケアとしても布ナプキンはおすすめです。おりものチェックの前におりものの悩みケアをして、より自然で正確なおりものチェックをしてみましょう。

この記事を読んだ方にオススメの布ナプキンはこちら

こんな人におすすめ

  • 妊娠できる体作りができているか気になる
  • 毎日の冷え性が気になる
  • 排卵期を見逃したくない
  • 生理周期を安定させたい
商品一覧を見る

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品