布ナプキンって本当に妊活にきくの?

投稿日:

最近、妊活女性に人気の布ナプキン。でも「ほんとうに妊活に効くの?」「布ナプキンってどうなの?」と、いろいろな疑問の声も耳にします。科学的な証明はないので、布ナプキンにすれば必ず赤ちゃんを授かれるとは言えません。

しかし、布ナプキンには妊活に効くさまざまな効果やすべての女性に嬉しい効果があります。ここでは、口コミで話題の布ナプキンがなぜ妊活に効くと言われているのかを詳しくご説明します。

1.
妊活の大敵である「冷えから子宮を守る」
2.
生理のムレ・かぶれ・かゆみが軽減するので「ストレスがなくなる」
3.
おりものの変化がわかりやすいので「排卵期を見逃さない」
4.
排卵痛が軽減するので「パートナーとのタイミングを逃しにくい」
5.
膣トレ効果で「妊活力がアップする・パートナーとうまくいく」

1妊活の大敵である「冷えから子宮を守る」

907_01

子宮が冷えていると卵子ができにくくなったり、着床しにくくなると言われているのをご存知でしょうか?

女性の体は、子宮が冷えてしまうことが原因で様々な疾患を引き起こす可能性があります。

不妊症以外にも、腰痛・肌荒れ・月経前症候群・生理痛・生理不順・子宮内膜症・子宮筋腫・更年期障害など、例を挙げるとキリがないほど冷えが原因の疾患は多いです。

現代はオシャレを楽しむために我慢して薄着をしたり、スカートで脚を出したり、働いていて時間がないから湯船に浸からずシャワーで済ませてしまう方が多くいます。これにより、子宮だけではなく体全体が冷えてしまい、体温が36度に満たない女性も多くなっているそうです。

布ナプキンは、そうした女性たちの子宮をあたためてくれる効果があります。使い方は簡単で、生理中だけでなく毎日布ナプキンを着けることです。

布ナプキンはまるで重ね着をしているように子宮をあたためてくれるので、スカートのときでもオシャレを邪魔せず大事な部分をすっぽり冷えから守ってくれる効果があります(可能であれば腹巻パンツやカイロと併用するとより効果的です)。

このように、子宮をあたためることで冷えが改善されると、基礎体温が上昇して痩せやすくなり、子宮や卵巣の機能が正常になり、妊娠しやすい環境づくりが可能になると言われているんです。

2生理のムレ・かぶれ・かゆみが軽減するので「ストレスがなくなる」

907_02a

みなさまは、こんなことでストレスを感じていませんか?

  • 生理中はアソコがかゆくて軟膏を塗ってしまう
  • 生理が終わってもかぶれて痛い
  • 仕事に集中できずイライラする
  • ニオイが気になって疲れる

これらの原因ですが、実は布ナプキンが解消してくれるんです。

ほとんどの紙ナプキンはたくさんの経血をしっかり吸収してくれますが、その分漏らさないために肌面に不織布を使用し、ナプキンの裏をビニールで加工しています。それにより通気性が悪くなりムレて雑菌が発生し、かぶれやニオイ、かゆみが発生してしまうのです。

907_02b

それに対して布ナプキンは、防水加工と、湿気は通すのに水は通さない透湿防水布を使用しているので、しっかり防水なのにムレにくく、気になる生理のかぶれやニオイの発生を抑制することができます。

さらに、肌面は下着と同じコットン素材を使用しているので、生理中でもかぶれにくく、かゆみが発生しにくい作りになっているんです。

生理に対し嫌悪感を抱くと生理痛悪化やストレスでの体の冷え、子宮の正常な働きをダメにしてしまう可能性がありますので、生理が不快だと感じている方には一度布ナプキンを使うことをおすすめします。

3おりものの変化がわかりやすいので「排卵期を見逃さない」

907_03

妊活はパートナーとのタイミングをしっかりとることが重要です。排卵日を知るためには、基礎体温を測ることが重要だと言われていますが、生活が不規則な方は頸管粘液、いわゆる「おりもの」をチェックすると良いといわれています。

おりものは、排卵期になると粘り気と量が変化してきます。排卵が近づいてくると、粘液はネバネバと粘性が強くなり、指にとって伸ばしてみると10cmほど切れずに伸びるようになります。

このおりものの変化は排卵日が近いサインで、この時期が一番妊娠しやすいと言われています。

おりもののチェックは、排卵日の予測だけでなく、病気やトラブルの早期発見にもつながります。おりものの粘り気と量以外にも「色」を確認できるとさらに良いので、肌面が白いおりものシートやナプキンを普段から使用して、おりものの状態をチェックしましょう。

4排卵痛が軽減するので「パートナーとのタイミングを逃しにくい」

907_04

月に1回しかないタイミングを排卵痛で逃してしまっては、もったいないですよね。排卵痛も生理痛と同じように子宮をあたためることで軽減されると言われていますので、毎日の布ナプキン着用が排卵痛軽減に効果的だと考えられます。

排卵痛が生理痛より辛いという方は、布ナプキンを着用して、同時に「三陰交」というツボを押すのも効果的です。

三陰交は、冷え・更年期障害・不妊症・月経不順などの改善にも効果があると言われているので、普段からテレビを見ているときや入浴時・就寝前などに押すのがおすすめです。

907_05

【三陰交の見つけ方】
あぐらをかいたら、くるぶしの上に人差し指が載るように手のひらを置きます。手のひらを置いたら、小指の第一関節周辺に位置するのが三陰交と呼ばれるツボです。押すときは親指のはらを使い、力を入れすぎない程度にゆっくり3~5秒押します。戻すときもゆっくり離すようにして、これを5セット行います。

5膣トレ効果で「妊活力がアップする・パートナーとうまくいく」

907_06

みなさん、布ナプキンを使うと生理が短くなる、量が減るというのを聞いたことがありますか?

それは、膣が鍛えられているからなんです。
布ナプキンを使用すると、最近話題の「膣トレ効果」があると言われています。

布ナプキンは紙ナプキンと違い、経血が出たことを意識してナプキンを交換しに行くので、使い続けることでなるべくトイレ以外では経血を出さないように膣が自然としめられるようになり、経血を出すタイミングをコントロールできるようになります。

これが布ナプキンによる膣トレです。

この布ナプキンの膣トレ効果により膣がしまることで、マンネリしていたパートナーとの関係がうまくいったという妊活成功体験があります。ほかにも前よりしてくれるようになったという声もいただいています。

セクシャルな点以外にも膣が鍛えられることで、産後の尿漏れや将来の尿漏れ防止、ボディラインの維持、子宮が骨盤から出てしまう子宮脱も防げると言われていますので、パートナーとうまくいっていない方や尿漏れが気になる方は是非試してみてください。

このように冒頭にもご説明しましたが、布ナプキンには妊活に絶対の効果があるという科学的な証明はありません。しかし、妊活の大敵である冷え対策やタイミング法への活用、ストレスの軽減など女性に嬉しい効果がたくさんあります。

nunonaにも過去、妊活中に重い生理痛で悩んでいたスタッフがいますが、布ナプキンを使いはじめてから生理痛が改善され、2ヶ月ほど経った頃には痛み止めを使わなくても大丈夫な日もあるくらいに軽くなったそうです。そしてそのスタッフは、その後無事妊娠することができました!

布ナプキンは、たくさんある妊活の中でも比較的手軽に始めることができるので、気になる方は一度お試しいただければと思います。

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品