妊娠検査薬のフライング検査って?

投稿日:

フライング検査とは

909_01

妊娠しているかどうかをセルフチェックできるものが妊娠検査薬です。ドラッグストア等で簡単に購入することができます。

日本製の一般的な市販妊娠検査薬は「生理予定日1週間後から検査できる」とされていますが、それよりも早くに検査を実施してしまうことをフライング検査と言います。

妊娠検査薬の仕組み

女性の体内では、妊娠すると胎盤の一部から妊娠を示すホルモンであるhCG(ヒト絨毛性性腺刺激)ホルモンが分泌されます。hCGホルモンは、受精卵が卵管を通って子宮に着床してから徐々に分泌され、数日経つと尿の中に出るようになります。妊娠検査薬は、このhCGホルモンがどのくらい尿に含まれているかを調べ、妊娠しているかどうか判定します。

このhCGの濃度の増え方は正常な妊娠をした場合、順調に増えると排卵後14日目(ちょうど生理予定日)ごろには、妊娠検査薬に反応するぐらいになりますが、誤差を含めて妊娠検査薬を使えるのは「生理予定日の1週間後」としているようです。

フライング検査をすることによるメリットとデメリット

909_02

メリット

個人差がありますが、フライング検査をすることによって、まずは自分の体が着床しやすい体であるということを知ることができます。

下記で説明するいわゆる化学流産になってしまったとしても、「妊娠できる可能性が自分の体にある!」と安心材料になるという意見もあります。

また、早くに妊娠を知ることで、たばこやお酒をやめるタイミングを早くすることができます。

デメリット

フライング検査をすることによって、化学流産を知ってしまう可能性があります。化学流産は医学的な用語ではなく、一般的な流産ではありません。受精はしたものの、着床が継続しなかった状態のことを化学流産と言います。

現在の妊娠検査薬の精度がよくなっているため、受精後の段階に出るホルモンを検知し、陽性反応を示してしまうようです。着床が継続しなかったために、妊娠検査薬では一度陽性反応を示しますが、次第に陰性へ変わり、生理がやってきます。

フライング検査をすることで、この化学流産がわかってしまいます。知らなくてもよかったことを知ることで過剰なストレスがかかるのであれば、オススメすることはできません。妊活にストレスは禁物です!

日本製と海外製の妊娠検査薬がある

909_03

ドラッグストアなどで購入することができる妊娠検査薬は主に日本製です。

プラスチックなどのスティック状で、先端に尿をかけて、1分ほどで検査することができます。気軽に買うことはできますが、1本あたり400円前後と割高なので、フライング検査をしているとあっという間に1本、2本・・・と使ってしまい、意外とお金がかかります。

一方、海外製の妊娠検査薬も今はインターネットで簡単に購入することができます。

こちらはアメリカ製や中国製など製造国は様々で、形状は一般的な日本製のものとは違い、5cmほどの細い紙になっています。

使い方は、尿を容器に採取し、検査薬の先端部分を尿に数秒浸すだけ。5分ほどで結果がわかります。日本製に比べると検査時間と手間がかかりますが、1枚あたり50円程度のため、低コストで検査できる点が魅力的です。フライング検査を頻繁に行うユーザーに人気のようです。

「妊娠したかも?」と思ったら…

909_04

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、必ず産婦人科を受診しましょう。

正常な妊娠以外にも、子宮外妊娠や妊娠ではない疾患のため反応している可能性もありますので、まずはかかりつけ医に診てもらいましょう。

まとめ

フライング検査には賛否両論があります。

一番大切なのは、フライング検査をすることで得られる結果に、ストレスを感じるかどうか。ストレスに感じて憂鬱になってしまうのはNGです。

まずは自分が一番いいと思える状態で日々過ごしてくださいね。

フライング検査体験談

909_05

過去に妊活をし、無事妊娠・出産ができたnunonaのスタッフの場合

妊活を始めるとやはり、「今月こそは赤ちゃんが・・・」と生理前になると期待が高まります。毎回「2回だけ!」と決めて、妊娠検査薬を生理予定日前から使い、フライング検査していました。

そして、毎回真っ白な検査結果を見て、がっかりしていました。
数日すると生理開始・・・

これを繰り返していましたが、4ヶ月目に変化が起きました。

ある日晩御飯を食べていると、夫が「今回はどうかな!?」と急に言い出し、検査してみると、うっすらと陽性反応が。

生理予定日5日前のことでした。
二人で小躍りしました!

でも、まだまだわからない・・・と冷静に1日おきに検査薬を使いました。すると、だんだん陽性反応を示す線の色が濃くなってきて、妊娠検査薬上では妊娠が確定しました。

そして、妊娠6週目に産婦人科へ行き、エコー検査で心音の確認ができました。フライング検査でもわたしの場合は陽性反応を示してくれました。

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品