最近よく聞く葉酸って妊活になにがいいの?

投稿日:

葉酸は特に妊活中や妊娠中の女性にとって、とても大切な役割を果たします。

妊娠した時点で通常の2倍くらい葉酸が必要になるため、妊活中や妊娠中の女性は特に気を使って摂取する必要があるといわれていますが、その理由はご存知でしょうか?

今回は、葉酸がなぜ妊婦に必要なのか、また葉酸をどうやって摂取したらいいのかをご紹介します。

葉酸ってどんな効果があるの?

910_01

葉酸はビタミンB郡の一種で、厚生労働省から妊婦さんに必要な必須栄養素に指定されている重要な栄養素です。

葉酸は血液の元である赤血球を作る働きがあることに加え、細胞の成長や発育に欠かせない栄養素です。葉酸が不足すると、悪性の貧血になったり、口内炎、下痢、食欲不振などの症状が出てきてしまいます。

妊婦さんが葉酸を摂取しなければならない大きな理由は、葉酸が胎児の細胞の発達を助ける役割があるため、葉酸の摂取により胎児の神経管閉塞障害の発症リスクを70%も下げてくれるということにあります。つまり、葉酸は赤ちゃんが先天性の病気になる確率を下げる効果があるのです。

そのほかにも母体の子宮頸がんの予防、貧血の予防、心臓病の予防効果があるといわれています。

葉酸ってどうやって摂取するの?

910_02

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンで、ホウレン草や卵黄、豆類、レバーなどに多く含まれます。熱に弱いので生で食べるのが一番オススメですが、スープなどにして葉酸が溶け出したスープごと飲むこともすすめられています。葉酸は食事から摂取することが難しいため、サプリメントで補う人も少なくありません。

1日の摂取量は妊婦さんの場合、1日あたり0.4mg(400μg)ほどで良いといわれています。食べ物から摂取する場合は、からし菜130g、なば菜120g、ほうれん草200gなどから葉酸400μgが摂取できます。ただし、これは生で摂取したときの数値で、加熱調理する場合はこの倍の量が必要なります。レバーで摂る場合には、ビタミンAの過剰摂取に気をつけてください。

納豆にゴマをかけて食べたり、アボカドに醤油をかけて食べたり、いちごなどのフルーツを生で食べたりするのが葉酸を摂取する際にオススメの食べ方です。

葉酸っていつ摂取すればいいの?

910_03

赤ちゃんの重要な器官の生成は妊娠超初期に行われています。妊娠超初期とは妊娠0~4週目までのことを指し、この時期に排卵→受精→着床→分裂を重ねます。

葉酸はこの胎児の細胞が発達する妊娠0週から必要となるものなので、妊娠前から積極的に摂取する必要があります

妊娠超初期から胎児の発達に必要な栄養素を摂取するかどうかで、子供の健康への影響は大きく変化しますので、妊活中から意識して葉酸を摂取しましょう。多めに摂取した場合でも葉酸は尿になって排泄されますので、安心して摂取してください。

また、葉酸には質の良い母乳を作り出す効果があるとされているので、出産後や授乳中も引き続き意識して摂取しましょう。

910_04

まだまだ葉酸は世間で知られておらず、妊娠してから知るというのが一般的です。しかし、妊娠に気づいたときにはすでに「妊娠5週目だった」「妊娠10週目だった」ということもありますので、今からでも意識して摂取しましょう。

不規則な生活やアルコールの過剰摂取は葉酸の吸収を低下させるので、食事に合わせて早寝早起き、適度な運動をするとより妊活に効果的ですよ。

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品