妊活の初歩、基礎体温をつけよう

投稿日:

基礎体温ってなに?

979_01

あなたは自分の基礎体温をご存知でしょうか? 婦人科でもよく聞かれる基礎体温ですが、いわゆる平熱とは微妙に違います。

基礎体温とは、生命維持に必要な最小限のエネルギーしか消費していない、一番安静な状態であるときに測定した体温のことをいいます。特に女性の場合は、月経周期と基礎体温の変化は密接に関わっています。特に妊活を始めようとしている人は、自分の基礎体温を知ることが妊活のスタートになります。

基礎体温を知るといい理由

979_02

測定した基礎体温を、毎日基礎体温表に記入していきます。基礎体温表を毎日つけることによって、自分のいまの体の状態に関する多くの項目をチェックすることができます。

  • 【基礎体温表でチェックできるもの】
  • 月経の時期
  • 妊娠しやすい時期
  • 体調の良い時期や悪い時期の把握
  • 妊娠や流産の可能性の早期チェック
  • 女性ホルモン分泌が正常であるか
  • 冷え性であるか

自分が妊娠しやすい体なのかを知るために、基礎体温表をつけることはとても重要なのです。

基礎体温の変化で妊娠のタイミングをつかもう

979_03

一般的に、女性の基礎体温には体温が低めな『低温相』体温が高めな『高温相』という時期があります。

この低温相から高温相へ移行する前の約5日間が排卵期にあたり、この時期が最も妊娠しやすい時期といわれています。妊娠をしたい方は、まず自分の排卵期がいつなのか知っておく必要があります。

正しい基礎体温のつけ方

979_04

用意するもの

  • 婦人体温計(小数点第2位まで測定できるもの)
  • 基礎体温表(市販のものもありますがWEBでダウンロードできるものもあります)

基礎体温の測り方

1.
夜眠る前に、枕元に体温計を置いておきます。
2.
朝起きたら、寝たままの状態で体温計を口にくわえます。
3.
体温計の先は必ず舌の下にはさんで測定します。
979_05

基礎体温を正しく測るためには毎日同じ時刻に測ることがポイントです。体温計をはさむ位置も同じにしておくとより正確です。

前日にアルコールを摂取したり、睡眠時間が4時間以下になると基礎体温に影響するので、体温をつける際にメモしておきましょう。

また、基礎体温表には体温の他にその日の体調や気分、月経の期間、おりものの様子など、気になることがあったらメモしていきましょう。体の変化をメモすることによって、妊娠のタイミングをより掴みやすくなりますよ。

理想的な体温で妊娠力アップ

近年は生活環境の変化や不摂生などが原因で、平熱が35℃台の低体温の女性が増えてきています。

一般的に人間の理想的な平熱は36.5~37℃といわれており、この体温のときは新陳代謝が活発になり体の免疫力も高まります。35℃台の体温が続くと自律神経が乱れやすい体になってしまい、女性ホルモンの乱れにも繋がってきます。

女性ホルモンは子宮の中で卵子が着床しやすいように体を整えていく大事な役割を果たしていますので、低体温が気になる方は低温相時の体温をできるだけ36.5℃に近づけるよう心がけていきましょう。基礎体温のアップは妊娠力アップに繋がりますよ!

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品