不妊の検査って何をするの?

投稿日:

日本産婦人科学会では、「性交渉をして1年間妊娠しない場合、不妊と判断する」としています。

しかし、35歳以上なら結婚してすぐに検査を受けたほうが良いでしょう。「不妊の検査って何をするの?」と不安になるかもしれませんが、知ることで気楽に受けられるかもしれません。

まずは予約

まずは予約

女性の不妊検査は、婦人科で行います。「ブライダルチェック」「不妊治療」を掲げた病院なら検査できます。まずは予約しましょう。

不妊治療ができる病院は、男性も検査できることが多いのが特徴。不妊の原因は男女とも同じだけ可能性があるので、できれば夫婦で受けましょう。

基礎体温を付けましょう

来院前1~2周期分の基礎体温を記録すると、スムーズに検査結果が出ます。なくても検査は受けられますが、できれば基礎体温表を用意しましょう。

いざ検査!

いざ検査!

検査は月に数回病院に通い、検査結果が出るのに1ヶ月以上かかります。病院によって調べる内容は異なりますが、これはある不妊治療の病院の例です。

  • 採血(月に数回。生理周期3日目くらい、排卵期前、黄体期)
  • 通水検査(または通気検査)と子宮卵管造影検査
  • 膣の分泌物検査
  • 子宮頸管粘液検査
  • ヒューナー検査(フーナーテスト)

男性は、精液検査を行います。

採血をして感染症や女性ホルモンの値を調べます

特に最近注目されているのは、AMHという数値。卵巣の卵子予備軍の在庫がわかる数値で、あとどれだけの間妊娠できるのかの目安になります。

通水検査と子宮卵管造影検査

通水検査と子宮卵管造影検査

月経周期7~12日くらいに行います。通水検査は卵管に水を流して、卵管に詰まりがないか確認します(空気を通す「通気検査」もあります)

子宮卵管造影検査は、子宮と卵管に造影剤を入れてレントゲン撮影をします。子宮の奇形や卵管の詰まりなどがわかります。

人によっては痛みが強いですが、耐えられないときはすぐに中止してもらいましょう。卵管の詰まりが取れるので、これだけでも妊娠しやすくなる場合もあります。

子宮頸管粘液検査とヒューナー検査

子宮頸管粘液検査とヒューナー検査

排卵期に行います。子宮頸管粘液というのは、精子を子宮に導く架け橋のようなものです。排卵期になると量が増えるため、採取して量や質などを調べます。

ヒューナー検査は、性行を行って9~24時間後に行う検査です。子宮頸管粘液を採取し、中に精子がいるかを確認します。精子の数が極端に少ない、またはいない場合は、精液検査と抗精子抗体検査(精子を外敵と判断し、攻撃してしまう抗体がないかの検査)を行います。

もし問題が見つかっても、治療方法はたくさんあります。むやみに心配しなくても大丈夫。若ければ若いほど妊娠の可能性は上がるので、できるだけ早めに検査を受けてみましょう。

この記事を読んだ方にオススメの布ナプキンはこちら

こんな人におすすめ

  • 妊娠できる体作りができているか気になる
  • 毎日の冷え性が気になる
  • 排卵期を見逃したくない
  • 生理周期を安定させたい
商品一覧を見る

nunonaのおすすめ商品