妊活中にあると便利なグッズ

投稿日:

いざ「妊活!」と言っても何を揃えればいいかわからないですよね(^^)
ここでは、あると便利な妊活グッズをご紹介します。

1.基礎体温計

852_01

妊活の基本、それは基礎体温です。妊活中だけでなく、女性が自分の基礎体温を知ることにはメリットがたくさんあるので、日頃から基礎体温を測っておくと便利ですよ。

基礎体温とは?…寝て起きてから体を動かす前の体温のことを指します。朝起き上がる前に布団の中で、測りましょう。正確なデータを取るために、できるだけ同じリズムで同じ時間に測ってください。

排卵している女性の体温は「生理開始~排卵前は低く」「排卵後は高く」なっています。体温が高くなったなと感じたらその前日あたりが排卵日だと言われています。

排卵から14日後、この黄体ホルモンの生産が激減し、それによって月経が起こり、同時に体温も通常に戻ります。体温差は0.3~0.5度程度だと言われているので、正確に計るために小数点以下2桁まで測れるものを使用しましょう。日本では習慣的に、まずは基礎体温表を6か月間つけてみて、それを持って婦人科へ行くことが推奨されています。

妊娠初期の基礎体温は、高温期の高い体温が持続した状態になるので、体温が3週間持続していれば、妊娠している可能性が考えられますよ。

2.排卵検査薬

852_02

排卵検査薬とは、実際に自分が排卵しているかどうかがわかるキットです。排卵をしていれば「陽性」反応が出るので、その日の前後何日かが「なかよし日」になります(^^)

生理が始まってから約2週間、つまり生理後14日前後が排卵日で最も妊娠の可能性が上がるタイミングだと言われています。

精子は3日~7日寿命が続くのに対し、排卵が起きたとしても、卵子の寿命はだいたい1日しかもちません。卵子が生きている24時間以内に精子と出会えなければ妊娠は成立しないので、排卵日当日よりも数日前から「なかよし」をして、あらかじめ精子が子宮内にいる状況を作りましょう。

一般的に、排卵日を予測して性交渉を行った場合は、健康な20代前半のカップルであれば約30%、30代で約20%、35歳になると約10%の確率で妊娠するといわれてます。「基礎体温を毎日つけるのはちょっとめんどう…」という人は排卵チェックアプリや妊活アプリを使って排卵日を予測すると楽チンですよ。

3.冷え症対策グッズ

852_03

「冷えが妊活に悪い」というのは有名ですが、その理由は、子供を生む機能よりも自身の体を守ることに体が血を使うためです。

子宮は血液から栄養をもらい、老廃物を外へ運び出すことで健康な状態を保っています。卵子をつくったり、卵子と精子が出会って子宮に着床するのも、すべて内臓が健康でなければ成り立たないと言われています。

しかし、体が冷えていて、その上不健康な生活を送っていると、血流が悪くなり、体は危機感を感じて命を守るために、まず心臓や内臓に血液を優先的に送ろうとします。その結果、命にあまり関係のない手足や子宮への血が後回しになってしまい「冷え性」や「低体温」になって妊娠しにくくなるのです。

最近では、体温が36度以下の人が増えていますが、体温が1度下がると免疫力は30%低くなると言われています。低体温を軽視せず、しっかり体を温めてまずは36度を超える体作りを心がけましょうd(・ω・´。)

  • 【冷えにオススメなグッズ】
  • 入浴剤
  • よもぎ蒸しパッド
  • ルイボスティー
  • 腹巻き
  • レッグウォーマー
  • 布ナプキン

妊娠後は、冷えによって流産になる可能性もあるので、妊娠前よりさらにしっかり冷え対策をしましょう。初期費用がかかりますが、布ナプキンや腹巻き・レッグウォーマーは何度でも使えるので、妊活中から揃えておくのが良いですよ(^^)/

妊活にオススメの布ナプキンはこちら
妊活おためしセット

nunonaのおすすめ商品