産後の悪露ってなに?

投稿日:

悪露(おろ)とは?

悪露(おろ)とは?

出産を経験した女性が産後悩まされるのが「悪露」です。

悪露とは、産後すぐから1ヶ月ほど続く子宮からの出血で、出産によりはがれ落ちた子宮内膜、胎盤があったところや産道の傷跡からの分泌物のことをいいます。
赤ちゃんが生まれたことで役目が終わった胎盤の残りや、赤ちゃんを守ってくれていた卵膜や子宮内膜、産後残ってしまった血液やリンパ液など、様々なものが含まれます。

経膣分娩・帝王切開に関わらず出産したら必ず分泌するものですが、悪露が続く期間や量などは個人差が大きいため、心配になってしまうこともあると思います。
今回は、悪露がどのくらい続くのか、量や色はどんな状態が良いのかをご紹介します。

悪露っていつまで続くの?

悪露っていつまで続くの?

通常、悪露は産後すぐから1ヶ月程度、分泌が続きます。産後1週間くらいの間は量も多く、色も濃い赤色をしています。その後、徐々に量が減り、色が薄くなっておりものに近い状態へと変化していきます。子宮の回復が遅れている場合は、2~3ヶ月悪露が続く場合があります。

量は人によってさまざまですが、はじめの3日間は夜用ナプキンではおさまりきらないほどの出血を伴うことが多く、レバーのような塊が出ることもあります。

経膣分娩に比べて帝王切開の方が量が少ないといわれていますが、おなかを切り開く帝王切開では、体内の傷からの分泌液が多くなるため、悪露が続く期間が長いといわれており、2ヶ月近く続く場合もあるようです。

悪露が出たらどうしたらいいの?

悪露が出たらどうしたらいいの?

はじめの1週間は悪露の量が多いので、9割以上の人がおむつのような産褥パットを利用します。産褥パットにもいくつかサイズがあるので、1週間を過ぎて徐々に量が減ってきたら、半分以上の人がサイズを小さくしたり、夜用ナプキンに移行します。

産後はいつも以上に清潔を保つ必要があるので、産後1週間程度はトイレのたびに清浄綿を利用しておまたを拭き、清潔を保ちます。

一度出産を経験している人は「産後の会陰の傷が痛くて座るのも辛かった」「ティッシュで拭くのも痛かった」「ナプキンの着用期間が長いのでかぶれてかゆかった」という経験をしている人が多いので、産後の悪露にはビデを使ったり、少しでも肌にやさしい布ナプキンを使う人が多くみられます。

悪露の変化を見てみよう!

悪露の変化を見てみよう!

悪露は産後の体の状態をチェックする1つの指標になるので、日々状態を確認しておくことが大切です。

「塊が出る」「激しい痛みを伴う」「いつまでも鮮血が続く」「悪露の量が増えていく」「においがきつい」などの場合は、念のため医師に相談しましょう。悪露の色を見ることで体の状態を知ることができるためチェックしてみましょう。

悪露の変化の目安

産後1週間まで
真っ赤な鮮血~茶褐色
産後1~2週間
茶色~黄色
産後2~3週間
淡いクリーム色
産後3~4週間
透明

ある程度、悪露の量が減ると紙ナプキンにする人が多くいますが、紙ナプキンでは悪露の色・量の変化が追いにくいので、1週間を過ぎて量が落ち着いてきたあたりからは布ナプキンにするのがオススメです。布ナプキンを使うことで色がチェックしやすくなり、体の変化にいち早く気付くことができます。

※悪露は経血よりも汚れが落ちづらい場合がございます。汚れが気になる方はご注意ください。

産後は無理せず、子宮の回復を待とう

産後は無理せず、子宮の回復を待とう

長く続いてつらい悪露の排出を促すためには、「母乳をあげる」、「産褥運動など適度な運動をする」、「しっかり休養する」ことが大切です。

産後に母乳をあげることで「オキシトシン」というホルモンが分泌され、子宮の収縮を促進し、子宮の戻りが早くなります。適度な運動や休養は体の調子を整え、子宮の戻りを促進してくれます。

想像以上に多い悪露にびっくりしたり、長く続く悪露に不快感や不安な気持ちを抱えてしまう人も多いかと思います。産後はホルモンバランスの変化で気持ちが滅入りやすい時期なので、少しでも気になることがあれば周りに相談したり、病院で診察を受けるようにして、産後の体をいたわるようにしましょう!

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品