生理痛を和らげたいときにやるべき5つのこと

投稿日:

痛い痛い生理痛。毎月来る生理痛を和らげることができたら素敵じゃないですか?そんな夢を叶えるためにやるべき5つのことをお教えしますd(・ω・´。)

生理痛がひどい人のやるべき5つのこと

まずは生理を正しく知ることが大事

生理ってそもそも何?

女性の一生のうち生理が来るのは平均して35~40年間。毎月5日間を月経期間とすると、約6年半毎日生理が来ているのと同じことになります。長いですね(゜ロ゜)

私たちは毎月ホルモンの分泌によって排卵し、子宮が受精卵の生育のための準備をします。
子宮内膜は、排卵から約2週間かけて、受精した卵子が着床できる態勢を整えるため一時的に厚くなります。妊娠・受精しなかったときに、この厚くなった子宮内膜が子宮からはがれ、出血と一緒に体外へと排出されることを生理と呼びます。

生理痛の原因とは?

生理痛の主な原因はプロスタグランジンという生理活性物質によるものです。
この物質は、子宮の収縮を促して生理の経血を身体の外に排出する役割を果たします。生理がきている間は子宮が収縮するので大なり小なり誰でも痛みを感じますが、冷え性によって血行が悪い人はこの収縮がうまくできず、収縮をするために子宮がプロスタグランジンという物質をたくさん出してしまいます。

この物質が必要以上に出されることで私たちは痛みを感じ、お腹が痛くなったりするのです。この量が多すぎるとひどい方では頭痛や腰痛、吐き気や下痢を引き起こすこともあるそうです(゜ロ゜)

生理痛を和らげる方法

1.布ナプキンを使う

冷え性対策をして生理痛を緩和する

1.布ナプキンは重ね着をしたように子宮をあたためる

まずは子宮をあたためることが大事。子宮は女性の体の芯にあり生理に直接関係します。
子宮の冷えは体全体の血行を悪くしてしまうので、布ナプキンを使って子宮をあたためることは、生理痛緩和にはもちろん妊活や冷え性対策にも非常に重要です。
布ナプキンは下着の上に置くだけなので、着ぶくれやかさばったりせず、スカートや薄着を楽しみたいオシャレ女子でも今すぐ取り入れられますよd(・ω・´。)

冷えが改善すると基礎代謝が上がり、痩せやすくなるダイエット効果も生み出しますので、生理痛緩和とダイエットの一石二鳥の効果も得られますよ♪

詳しくはこちらをクリック⇒おすすめ布ナプキン効果~冷え性緩和やダイエット効果~

2.布ナプキンは化学物質不使用

紙ナプキンのほとんどは、肌面に石油素材でできた繊維素材を採用しているので、紙ナプキンをあてたおまたが毒や異物として認識される石油素材やダイオキシンを吸収してしまいます。経血毒という言葉があるように、私たちは皮膚から化学物質を吸収してしまうので、体に害のあるものをなるべく使用しないことが生理痛緩和につながります。

詳しくはこちらをクリック⇒おすすめ布ナプキン効果~生理痛・排卵痛緩和~

布ナプキンの使用が不安という方は、まずは持ち歩く必要のない夜用から始めるのがおすすめですよ(^^)はじめのうちは紙ナプキンと布ナプキンを併用して使用し、慣れてきたら布ナプキンだけにしていく方もたくさんいらっしゃいますよ。

2.毎日10分間湯船や手浴を楽しむ♪

湯船に浸かり生理痛のツボを押す

暑い季節や忙しい日はついついシャワーだけで済ませがちですが、時間のない夜でも5分~10分は湯船に浸かりましょう。10分間の入浴後はシャワーだけで済ませたときの約4倍もあたたまりますよ(^^)血液は1分間で体内を一周するので、あたたまった血液は全身をポカポカにあたためてくれますよ。
生理中に湯船に浸かるのはちょと・・・という方は、バケツに42度のお湯を張って、その中に手を15分程度入れておく手浴だけでも効果的ですよ。

3.生理痛に効くツボを押す

お風呂に入りながら同時にツボ押しをすると更に効果的!足の内側にある三陰交(さんいんこう)を親指の先を使って徐々に力を加えながら、骨に沿ってマッサージしていきましょうヽ(。・`ω´・)ノ生理痛、生理不順だけでなく更年期障害、冷え性、低血圧、情緒不安定、イライラなどを改善してくれるとも言われていますよ。

4.歯ブラシをしている時は腰を回しながら磨く

ながら運動で骨盤のコリをほぐす

ハードな運動をする必要はないので、普段からエレベーターを使わず階段を使ったり、骨盤まわしやストレッチをしましょう(^^)
座っている時間が長い人は腰回りの筋肉がこわばり、それが月経痛の大きな原因となっていることも多いそうです。骨盤を大きくゆっくり回すだけなので歯磨きをしながら行ったり、テレビを見ながら行ったり普段から運動を取り入れていきましょう。

5.冷たい飲み物は常温に、生野菜を食べるときはゆっくり噛む

冷たい飲み物や生野菜は体を冷やしやすいので、なるべくあたたかいものか常温の飲食物を取り入れるようにしましょう。氷が入った飲み物やキンキンに冷えた飲み物が好きな方も生理中だけは我慢し、どうしても生野菜を食べたい場合は、よく噛んでから飲み込むようにしましょう。よく噛むことで体を冷やしにくくなりますよd(・ω・´。)

生理中の血が茶色でドロっとしているときは血行が悪くなっている可能性があります(゜ロ゜)経血が茶色い場合は栄養を過剰に摂り過ぎている場合が多いので、お肉やお菓子などを控えましょう。血液の不足も血行不良・生理痛の原因になりますので、生理中は鉄分が豊富なほうれん草やプルーンを食べるのがおすすめですよ(。・ω・。)

以上が生理痛緩和の方法ですがいかがでしたでしょうか?ここで紹介した生理痛緩和の方法は、妊活にも非常に大事なことなので、子供が欲しい方にもおすすめですよ♪

布ナプキンをもっと知りたい、布ナプキンの夜用をためしてみたい方は下のボタンをクリックしてください(^^)

  • 布ナプキン夜用はじめてセット
  • 布ナプキンの効果

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品