どれがおすすめ?妊娠検査薬を比較

投稿日:

妊娠かな…? と思ったら妊娠検査薬でチェック

妊娠検査薬でチェック

普段よりも体温が高い、妙に眠くなる、下腹部が痛い…これって妊娠の初期症状?と感じたら、自分が本当に妊娠しているか気になるものです。

そんなときに便利なのが妊娠検査薬です。ドラッグストアなどでも手軽に購入できチェックの仕方も簡単なので病院に行く前に自分で検査する人も多いです。

妊娠検査薬の仕組み

妊娠検査薬の仕組み

女性の体は妊娠をするとすぐにhCGというホルモンを作り始めます。このホルモンは妊娠初期から徐々に尿に含まれていきます。妊娠検査薬では、このホルモンの有無をチェックしています。

妊娠検査薬を使う時期は一般的に生理予定日の1週間後(妊娠5週目)とされ、この時期であれば99%の確率で妊娠しているかどうか判断できます。

選び方のポイント

妊娠検査薬は国内のメーカーのものだけでも種類が多く、初めて購入する場合はどれにしたらいいか判断に困ることもあります。

どのメーカーのものも判定の正確さはそう変わらないので、商品の特徴をチェックして自分に合ったものを選んでいきましょう。

とにかく安く済ませたいなら…
P-チェック・S(ミズホメディー)

検査可能日:生理予定日1週間後から

妊娠検査薬の中ではお値段抑えめ、一箱2回用のタイプは450~500円前後で購入できます。使いやすいロングスティックタイプで、検査が終わっている印も出てくるので、結果がいつ出てくるのかわからないということもありません。初めてのかたにも使いやすいタイプです。

検査時間を手短にしたいなら…
ドゥーテスト(ロート製薬)

検査可能日:生理予定日1週間後から

直接かける場合、コップ採尿の場合のどちらでも約2秒で検査結果が出ます。チェックを手軽に済ませたい方におすすめです。値段も2回用500円~700円前後で購入できてお手頃です。

検査結果を残したいなら…
チェックワン(アラクス)

検査可能日:生理予定日1週間後から

一般的な妊娠検査薬は時間が経つと判定結果が薄くなったり残らないものが多いですが、こちらは検査結果がずっと残るので、旦那さんに結果を見せることができる検査薬として人気です。また値段も2回用が500円前後で購入できます。

とにかく早く結果が知りたいなら…
チェックワンファスト(アラクス)

検査可能日:生理予定日当日から

妊娠4週目からチェックが可能な検査薬で、日本で販売されている妊娠検査薬では一番早くチェックできます。とにかく早く結果が知りたいフライング検査をしたい方に人気です。こちらは医療用医薬品のため、購入の際は薬剤師さんに対応してもらい、住所氏名など書類への記載が必要となります。2回用は1,300円前後で購入できます。

結果をはっきりさせたいなら…
チェックワンデジタル(アラクス)
デジタルP-チェック(ミズホメディー)

検査可能日:生理予定日1週間後から

どちらもデジタル判定で陰性か陽性かの判定結果が表示されます。チェックワンデジタルは、結果がパッと出てわかりやすいので、検査薬を見ながら迷うことはありません。3回用2,500円前後で購入できます。デジタルP-チェックは、1回あたりのお値段が900円前後と高めですが、尿をかける時間が5秒と短く使いやすいです。

妊娠検査薬は正しく使いましょう

妊娠検査薬は正しく使いましょう

いろいろな種類の妊娠検査薬がありますが、どれも使い方やタイミングを間違えると正確な結果は出てきません。正しく使って妊活に役立てていきましょう!

このページの関連記事

nunonaのおすすめ商品