妊娠したかも?妊娠超初期症状まとめ

投稿日:
最終更新日:2021/07/21(水)

今回は、妊娠したい人もしたくない人も知っておくべき妊娠超初期症状について詳しくお話いたします。

妊娠初期に当てはまりやすい簡単なチェックリストもありますので、ぜひやってみてくださいね♪

妊娠してるかも?
妊娠超初期症状チェック表

妊娠超初期症状は生理前からくるので、なんだかいつもと違う…と感じたら下記の項目が当てはまっていないかチェックしてみてください。

やってみよう!
妊娠超初期症状チェック表

布ナプキンのデメリット
  • とにかく眠い
  • 体温が高く風邪っぽい
  • 食事に変化が出る
  • おりものの色・においが変化する
  • 腰痛・下腹部が痛い
  • においに敏感になる
  • 胃が痛くなったりムカムカする
  • トイレが近くなる
  • のどが乾いたり、唾液・鼻水が出る

ちなみに、妊娠していた場合は、前回の生理日から数えて経過した日付分が赤ちゃんの年齢になります。

つまり、いつもの生理日に生理がこず、妊娠検査薬が反応したらその時点で妊娠4週目になります。


妊娠超初期症状を
わかりやすく解説!

01.
とにかく眠い

布ナプキンのデメリット

女性は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンを一定の周期で分泌量を変化させて心と身体のバランスを整えているのですが、 「プロゲステロン(黄体ホルモン)」には妊娠をサポートするために身体を休ませる役割があり、その中に「睡眠作用」=「眠りづわり」があるといわれています。

nunonaスタッフの経験談では、食事をしている最中にも居眠りしてしまうくらいの強い眠気だったそうです!

我慢できないほどの眠気が襲ってきた場合は、もしかしたら妊娠の可能性もあるかもしれません。

02.
体温が高く風邪っぽい

布ナプキンのデメリット

なんだかぼーっとしたり、倦怠感・頭痛・微熱のような風邪の症状が出ます。

妊娠超初期であれば、風邪薬が赤ちゃんに及ぼす影響は少ないとされています。ですが、妊娠2~4ヶ月の赤ちゃんの場合、 器官形成期(赤ちゃんの心臓や目、手足などの重要な器官が作られる期間)に当たるため、気になるようであれば自己判断で風邪薬を服用せず、一度検査薬や通院をしましょう。

03.
食事に変化が出る

布ナプキンのデメリット

胃がむかむかして吐いてしまったり、食事の好みが変わったりします。

食欲にも変化が出るので、食欲が沸かなくなったり、この時期からやたらとお腹が空いて、食べてしまう食べづわりの人も出てきます。

nunonaスタッフの場合は、カレーライスばかり食べたくなったそうです。何か1つの物ばかり無性に食べたくなる場合も、妊娠の影響かもしれません。

04.
おりものの色・においが変化する

布ナプキンのデメリット

妊娠初期のおりものは、比較的さらさらで透明だと言われています。

においもいつもの生理のような鉄っぽいにおいではなく、ツンとしたすっぱいにおいやにおいがしない場合もあります。


おりものの変化を見るのは、肌面の白い布ナプキンが身体にも優しくおすすめです!


オーガニックコットンへのこだわり

05.
腰痛・下腹部が痛い

布ナプキンのデメリット

妊娠後期に入ると女性は骨盤を緩める「リラキシン」を分泌して赤ちゃんが骨盤を通りやすくしますが、妊娠初期にもこのリラキシンが分泌される場合があります。

骨盤がゆるむことで筋肉がそれを支えようと働き、結果として腰痛や下腹部痛を感じる場合があります。

06.
においに敏感になる

布ナプキンのデメリット

いつもは気に入っていた香水が急に嫌なにおいに感じて使えなくなったりします。

無理をすると吐いてしまう方もいるので、嫌だと感じるにおいに近づくのはやめましょう。

nunonaスタッフの場合は、ごはんの炊けるにおいやニンニクのにおいで吐き気がしたそうです。

07.
胃が痛くなったりムカムカする

布ナプキンのデメリット

吐きつわりの一種で、やたらゲップがでるようになることも。

胃薬も風邪薬同様に、ある程度経過している場合は赤ちゃんに影響が出るので気をつけましょう。

08.
トイレが近くなる

布ナプキンのデメリット

大きくなる子宮に膀胱が押されてトイレが近くなります。

我慢すると膀胱炎になりかねないので、少ない量でも尿意を感じたらしっかりトイレに行きましょう。

妊娠すると軽失禁をしやすいので、布ナプキンや失禁パッドをつけるのもおすすめです。


09.
のどが乾いたり、唾液・鼻水が出る

布ナプキンのデメリット

喉がカラカラになったり、よだれや鼻水が垂れ続けることもあります。

花粉症のような症状に思われますが、一般的に唾液が増える場合はよだれつわりと呼ばれていて、 鼻水が増えるのは妊娠性鼻炎と呼ばれてます。


妊活している人にはおりもの用布ナプキン!

布ナプキンのデメリット

布ナプキンはごわつきそう、そんなに変わるの…と使うまでは不安に思うもの。ですが一度使えば肌触りのよさに病みつきになること間違いなしです!

意外な使い方や嬉しい効果も!

意外に思うかもしれませんが、布ナプキンは軽失禁や冷え対策にも使えるんです。

布ナプキンは、1枚着けるだけで服の重ね着のようにじんわりと温めてくれるため、冷え性の人でも子宮を冷やさずに過ごせるぴったりのアイテムなんです♪

布ナプキンの効果とメリット

妊活中に必要な体調管理にも

白い肌面はおりものの変化にも気づきやすくなるため、妊活中に必要な体調管理に活用する人も増えてきています。

nunonaの布ナプキンは、肌面にふんわりあたたかい着け心地のオーガニックコットンを使用していて、洗ってもやわらかい感触が続き、こすれたときのかゆみやかぶれも気にならなくなります。


この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
sakuranbo
sakuranbo

元美容師として働いていた知識を元に美容系やトレンド、お得情報など様々な記事を執筆しているママライターです。『やらない後悔よりもやって後悔』をモットーに、体当たり人生を謳歌しています。生理痛に悩み、布ナプキンの虜になってから数年にわたって愛用中。快適な布ナプキンライフの紹介ができたらと思います。

このページの関連記事

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品