妊活・妊娠中・産後に使える布ナプキンとは?

投稿日:
最終更新日:2021/07/01(木)

女性の体に優しい生理用品として人気の布ナプキン。そんな布ナプキンは、生理中に限らず、妊活中・妊娠中・産後のあらゆる場面で活躍する便利なアイテムです。

そこで今回は、妊活中・妊娠中・産後に「布ナプキンが活躍する4つの理由」についてご紹介します。

専門店が解説!布ナプキンとは?

妊活中・妊娠中・産後に
布ナプキンが活躍する4つの場面

まずは、具体的に布ナプキンがどのように役立つのか、妊活中・妊娠中・産後に布ナプキンが活躍する場面の例を見ていきましょう。

妊活中の体の冷え対策

妊活中の体の冷え対策

布ナプキンは、妊活中の体の冷え対策アイテムとして役立ちます。nunonaの布ナプキンに使用しているオーガニックコットンは、適度な体温を維持してくれる性質を持っていることが特徴です。

また布ナプキンは、布を何層にも重ねて作られているため、まるで服を着ているかのように下半身を優しく温めてくれますよ。

妊娠中のおりもの対策

妊娠中のおりもの対策

妊娠中は、生理はないものの、おりものの分泌が気になるケースも多くなります。その際おりもの・ライナー用布ナプキンなら、おりものによる下着汚れを防ぐシートとして使うことができます。

もちろん市販のおりものシートやライナーを使っても良いのですが、布ナプキンは通気性が良く使い捨ての商品よりデリケートゾーンに優しい点がメリットです。

妊娠中・産後の尿漏れ対策

妊娠中・産後の尿漏れ対策

妊娠中や産後の女性の体は、大きくなった子宮が骨盤底筋を圧迫したり、骨盤底筋が緩んだりすることにより、尿漏れを起こしやすい状態になっています。その際、少量の尿漏れであれば、布ナプキンを尿とりパッドの代わりに使えます。

布ナプキンなら長時間使用してもデリケートゾーンがかぶれにくく、また洗って繰り返し使えるので市販のパッドを使い続けるより経済的です。

産後の悪露対策

産後の悪露対策

布ナプキンは、産後の悪露(おろ)対策にも使えます。悪露とは、産後に子宮から出てくる血液や胎盤などの分泌物の総称です。産後すぐは悪露の量が多く、産褥パッドを使用する場合が多いですが、産後しばらくして悪露の量が減ってきたら、布ナプキンでもカバーできます。

産褥パッドを長期間着けていてデリケートゾーンに不快感を感じる場合は、布ナプキンに代えることで、快適に過ごしやすくなる可能性もありますよ!

布ナプキンの効果とメリット

妊活中・妊娠中・産後に
布ナプキンがおすすめな理由

次に、妊活中・妊娠中・産後に布ナプキンの使用を特におすすめする理由を2点ご紹介します。

おりものや分泌物の
状態をチェックしやすい

おりものや分泌物の状態をチェックしやすい

布ナプキンは、使用後に洗濯することで、自然とおりものや分泌物の状態をチェックする機会が生まれる点がメリットです。

子宮から出てくるおりものや分泌物は、排卵周期や体調の変化を把握するための1つの目安になります。

nunonaの布ナプキンは、おりものの状態を確認しやすいよう肌面を「真っ白」に仕上げているので、特に体の変化に気付きやすくなっていますよ♪

オーガニック素材で安心

オーガニック素材で安心

市販の使い捨てナプキンにはさまざまな化学素材が使われている一方、nunonaの布ナプキンはオーガニックコットンなどの天然素材をメインに作られています。

使い捨てナプキンが体に直接悪影響を及ぼすわけではありませんが、妊活中・妊娠中・産後は子どもを育む大切な時期だからこそ、当たり前のように使っている生理用ナプキンの素材を見直してみるのもおすすめです。

オーガニックコットンへのこだわり

布ナプキンを始めてみよう!

ハードルが高そうと思われがちな布ナプキンですが、実は意外と簡単に始められるのもうれしいポイントですよね。

布ナプキンについてもっと詳しく知りたい人は、『布ナプキンの基礎知識』で詳しくご紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!

布ナプキンの基礎知識

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
スタッフ森川
スタッフ森川

3Dタイプを愛用中。よく布ナプキンの肌面を染めたりオリジナル布ナプキンを作っています!

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品