布ナプキンの経血が落ちないときの対処法

投稿日:
最終更新日:2021/05/14(金)

布ナプキンをつかってみたいと思っていても、布ナプキンについた経血が落ちないのではないかと不安になったことはありませんか?実際に使っている方の中にも、どんな風に洗濯すれば清潔に保てるかと疑問に思っている方もいるかもしれません。

買ってばかりの布ナプキンが、まだ数回しかつかっていないのに経血が落ちない!なんてことにならないように、今回は「布ナプキンを洗うときのポイント」について紹介します。

布ナプキンに関する
心配事とは?

布ナプキンに関する心配事とは?

布ナプキンをつかったことのない方の中には、洗濯にまつわる心配事を抱えている方が多いようです。ここでは布ナプキンに対するイメージや疑問について紹介します。

洗濯がめんどくさそう…

洗濯がめんどくさそう…

洗濯の手間についてのイメージが一番に思い浮かぶ方も多いですよね。使い捨てのナプキンはそもそも洗濯の必要がないので、それに比べると洗濯の手間はかかります。

しかし、簡単な揉み洗いとつけ置きで簡潔に行えるので、それほど大きなストレスにはなりません。布ナプキンの心地よさと天秤にかけると、洗濯の手間も苦にならないという方も多いです。

簡単3ステップ!布ナプキンの洗い方

経血はきれいに落ちないの?

経血はきれいに落ちないの?

洗濯しても、きれいに血が落ちないのでは?という疑問も多いようです。布ナプキンの寿命は3年ほどなので、結論から言うと何回つかっても新品と同じ状態というのは難しく、使っていくうちに経血がとれにくくなってきます。

ですが、長い期間繰り返し使えることができるのが布ナプキンの特徴。経血が残ってしまっていてもきれいにお洗濯できていれば問題なく使えますよ。

布ナプキンの
洗濯の注意点

布ナプキンの洗濯の注意点

では、実際にどんなことに気をつければ、効率的に汚れが落とせるのでしょうか。

布ナプキンは水で洗う

お皿の洗い物などは、お湯でする方も多いかもしれません。しかし、血液にはタンパク質が含まれています。お湯で洗うと固まってしまい、かえって経血が落ちないこともあります。

水、もしくは40℃以下のぬるま湯で洗うことが基本です。

揉み洗いとつけ置き

揉み洗いとつけ置き

まずはやさしく揉み洗い。ある程度布ナプキンから経血がでてこなくなるまで行います。このときに布と布を擦り合わせてしまうと、布ナプキンの劣化や経血が落ちない原因に。布ナプキンをやさしく握って、放す。を繰り返すようにしてください。

揉み洗いが終わった後は、つけ置きは3時間ほど行います。経血の落ち具合がイマイチだと感じたら、時間を長くして半日ほどつけ置きするなどと、時間を調節してみてください。

布ナプキンの
洗濯のためのワンポイント

布ナプキンの洗濯のためのワンポイント

お洗濯の注意点以外にも、ちょっとした工夫で経血落ちが良くなります。

布ナプキンお洗濯のよくあるQ&A

使用後の布ナプキンを
乾かさない

使用後の布ナプキンを乾かさない

外出先などで、布ナプキンがすぐに洗濯できないことも多くありますよね。ですが、布ナプキンに吸収された経血は、乾いてしまうと落ちにくくなることがあります。

洗剤を水で薄めたものをスプレーで持ち歩き、布ナプキンを交換するときに数回吹きつけるように使用してみてください。よりお洗濯がしやすくなるはずです。

アルカリ性の
洗剤がおすすめ

経血が落ちない場合は、洗剤が合っていない可能性も考えられます。経血や皮脂の汚れには、アルカリ性の洗剤がおすすめです。

普段、酸性や中性の洗剤を使っている場合は、ぜひ試してみてくださいね。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
いまむらゆかこ
いまむらゆかこ

大阪市在住のフリーライターです。エステティシャンとスキンケアメーカー勤務を経て、肌や美容・ライフスタイルに関わる記事を中心に執筆。おとな女性に向けたコンテンツを日々作成し、届けています。野良出身の足が短いねこと暮らしています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品