布ナプキンと紙ナプキンの違いを比較!

投稿日:

「布ナプキン」とは、布製で洗って繰り返し使えるナプキン(月経布)のことです。布ナプキンは、生理中のデリケートゾーンのムレやかぶれの予防効果や、女性のお肌に寄り添った優しい着け心地で人気を集めています。

しかし、布ナプキンになじみがない方からすると「紙ナプキンとの違いは?」「布ナプキンと紙ナプキンならどっちがいいの?」と疑問を感じることも多いでしょう。

今回は布ナプキンと紙ナプキンを、素材や吸収力、使い方、費用などあらゆる面から徹底比較し、違いをご紹介します。

布ナプキンと紙ナプキン
違いを比較しよう!

布ナプキンと紙ナプキンにはそれぞれ違った良さがあり、どちらが使いやすいと感じるかは個人差があります。

そこでここからは、布ナプキンと紙ナプキンの違いを4つの項目で徹底比較します。ぜひ、ご自身に合った生理用品選びの参考にしてみてください♪

布ナプキンと紙ナプキンの違い1.
素材

布ナプキンと紙ナプキンの違い1.素材

布ナプキンと市販の紙ナプキンでは、使われている素材が大きく異なります。

>nunonaの布ナプキンはオーガニック100%コットンで作られている一方、紙ナプキンは高分子ポリマーやポリエチレンフィルムなど、石油を原料とした化学的な素材が多く含まれていることが特徴です。

オーガニックコットンでできた布ナプキンは、敏感なデリケートゾーンへの刺激が少なく肌触りも良いので、素材の面では布ナプキンのほうが紙ナプキンより多くのメリットがあると言えるでしょう。

布ナプキンと紙ナプキンの違い2.
吸収力と防水性

布ナプキンと紙ナプキンの違い2.吸収力と防水性

布ナプキンが布本来の吸収力を活かして経血を吸収する一方、紙ナプキンはポリマーやフィルム、不織布など化学的な素材で吸収力と防水性を高めていることが特徴です。

そのため、吸収力と防水性の面では、布ナプキンよりも紙ナプキンのほうが安心して使えるという方も多いでしょう。

ただし布ナプキンでも、2~3時間ごとに交換すれば十分な吸収力を保てますし、透湿防水布を使用しているため、布といっても経血が簡単に漏れる心配はありません♪

布ナプキンと紙ナプキンの違い3.
使い方

布ナプキンと紙ナプキンの違い3.使い方

布ナプキンと紙ナプキンの使い方には、実はほとんど違いはありません。布ナプキンも、紙ナプキンと同じようにショーツの上に固定して使います。

紙ナプキンの粘着シール部分が、布ナプキンではスナップボタンやマジックテープに変わるだけなので、固定するときもとても簡単です。

むしろ、布ナプキンはトイレで交換するときにピリピリと音がしないぶん、交換時のストレスが減る可能性もありますよ!

布ナプキンと紙ナプキンの違い4.
費用

布ナプキンと紙ナプキンの違い4.費用

費用の面では、布ナプキンのほうが紙ナプキンより長期的に見て安く済むケースが多いです。ここでは、生理が平均6日間続き、1日あたり昼用ナプキンを6枚使う場合を想定して、3年間で費用にどれくらいの差が出るかを見ていきましょう。

お金の違い

1枚20円程度の紙ナプキンと比較して、1枚1,000円前後する布ナプキンは割高に感じられることも多いでしょう。しかし、上記の画像からわかる通り、紙ナプキンは昼用だけでも3年間で約1,300枚使用します。

一方布ナプキンは、丁寧に使えば3~5年間程度同じ製品を使い続けられるため、初期費用はかかるものの、長い目で見ると経済的なのです。

nunonaおすすめ商品

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

まずはお試し!
2種類のおりもの用入りセット

一番枚数を使う
昼用を試せるセット

多い日でも安心できる
夜用を試せるセット

この記事を書いた人
スタッフ渡辺
スタッフ渡辺

nunonaに出会ってからは布ナプキン一筋!お気に入りは着け心地が気に入ってるのでノーマルタイプです♪ 最近はずっと気になっていたヨガを始めましたが同じくらいDIYにハマっています(*^^*)

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品