布ナプ初心者さんに知ってほしい注意点

投稿日:

今回は「布ナプキンの注意点」をテーマに、布ナプキンビギナーさんに分かっていてほしい注意点をまとめました♪

布ナプキンを使うときに
気を付けたい「注意点」

布ナプキンを使うときに気を付けたい「注意点」

ムレにくく、やさしい肌触りで生理中を快適にすごせる布ナプキン。

そんな布ナプキンはポイントをおさえて使用することでより快適に使い続けられます。

布ナプキン初心者はもちろん、使ってみたけどなんだかよくわからない、という人の参考になる注意点をご紹介します。

布ナプキンをはじめて使うときの注意点

01.

紙ナプキンでのトラブルとは

紙ナプキンでのトラブルとは

布ナプキンに慣れないうちは経血の量が多い日や外出先での使用は緊張するもの。

何度か使いやすい日に使用してみて布ナプキンのよさを実感してみましょう。

02.

軽い日から使おう!

軽い日から使おう!

布ナプキン初心者はいきなり経血の量が多い日から使ってしまうとドキドキしてしまいますよね。

初めて布ナプキンを使うのは生理のはじまり、または終わりかけの経血が少ない日がおすすめです。

軽い日から使うとこで経血の漏れを心配することなく、布ナプキンの付け心地のよさを実感できますよ。

03.

外出がない日に使い始めよう

外出がない日に使い始めよう

外出先で布ナプキンを交換するのも慣れないうちは緊張しますよね。

布ナプキンに慣れないうちは外出時には紙ナプキンを併用するのもいいでしょう。

布ナプキンに慣れたら、外出先での交換用や使用済みナプキンを入れるチャック付き袋なども用意してみてくださいね。

布ナプキンを常に使うことで自分の経血量がわかるので体調管理にもなりますよ。

布ナプキンの洗い方の注意点

使用後の血が付いた布ナプキンは、基本的には【もみ洗い】→【つけ置き】→【必要だったら洗濯機】という順序で洗っていきます。

布ナプキンは紙ナプキンと違って洗うという行為が重要になってくるので、注意点を意識して長くきれいを保ちましょう。

01.

よくもみ洗いしよう

よくもみ洗いしよう

使用済み布ナプキンは織物汚れだけならもみ洗いせずにそのまま洗濯ネットにいれて洗濯できます。ですが、経血が付いた布ナプキンはそのまま洗うと大変なことに…。

洗濯機に入れる前に汚れをおおまかに落とすシミや臭いがとれやすくなります。長くきれいを保つためにも多い日は特に丁寧なもみ洗いが必須です。

02.

間違った洗浄で色あせ注意!

間違った洗浄で色あせ注意!

シミが残ってしまいそう、というときに塩素系漂白剤(ハイター) を使う場合も要注意!

私はアルカリウォッシュで落ちない頑固なシミを落とそうと、塩素系漂白剤に付け込んだら表面のおしゃれな柄まで真っ白になったことがあります。

もちろんシミも落ちたのですがちょっと残念な気分になりますよね。

できたらシミがとれなくなる前に予洗いや適切な洗剤でつけ置きすることをおすすめします。

塩素系漂白剤を使うときは、どうしても落としたいシミがあって表面の柄が落ちても仕方ない、という覚悟のもと使いましょう。

03.

お湯で洗ったら血が落ちない

お湯で洗ったら血が落ちない

経血はたんぱく質からできているので、実はお湯で洗うと固まってしまうんです。

お湯で洗ったほうが血がとれそうだと勘違いして洗うと、逆に血が凝固してシミになってしまうことも…。

必ず血の付いた布ナプキンを洗うときは水か30度以下のぬるま湯で洗うようにしましょう。

04.

柔軟剤をつかわない

柔軟剤をつかわない

布ナプキンを使い始めたころ、私は柔軟剤を使うという失敗もしてしまいました。

柔軟剤につけたあとの布ナプキンは経血を吸収しにくくなってしまうこともあるんです。

しっかり汚れを落としていれば臭いも気になりにくいので柔軟剤を使わないことをおすすめします。

つけ置きのときなどに臭いが気になるときはアロマオイルを少量たらすのも効果的です。

布ナプキンを干すときの注意点

布ナプキンは洗濯後正しく干して雑菌の増殖や臭いを防ぎましょう。

きちんとポイントをおさえてきれいな状態をキープしてくださいね。

01.

形を整えてから干そう

形を整えてから干そう

洗濯して脱水をしたら、干す前にパタパタと形を整えるのがコツです。

脱水をかけたままの状態で干してしまうとシワシワのまま乾くので使うときに肌触りが悪くなってしまいます。

干す前に手でパタパタと軽くたたくだけで簡単にシワも伸びて寝ていた繊維が立ち、ふんわり仕上がります。

02.

しっかり内側まで乾かそう

しっかり内側まで乾かそう

布ナプキンは厚みがあるので中までしっかり乾かしましょう。

中が半乾きの状態で置いておくと雑菌が繁殖したり臭いの原因になることも。

風通しの良いところで内側まで乾かすことが重要です。

03.

日の当たる場所に干そう

日の当たる場所に干そう

雑菌の繁殖を抑えるのに天日干しは理想的。ですが布ナプキンを目に付く場所に干すのは抵抗がありますよね。

人目が気になるときはピンチハンガーの中央に布ナプキン、その周りをタオルなどで目隠しして干しましょう。

部屋干しする場合もなるべく日の当たる場所に干すのがポイントです。

布ナプキンの注意点を守って快適に使おう

布ナプキンの注意点を守って快適に使おう

布ナプキンはいろいろな制約があってめんどくさそう…なんて敬遠するのはもったいない。

慣れてしまえば本当に簡単なものばかりなので正しい知識を持って付き合っていきましょう。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

漏れにくさを体験!
ノーマルと3Dを試せるセット

翌日のストックを完備
便利グッズ付きセット

プチプラで体験♪
さくっと始められるセット

この記事を書いた人
sakuranbo
sakuranbo

美容系をメインに幅広く執筆しているママライターです。娘とともに日々成長中♪

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品

nunonaのおすすめ商品