布ナプキンの簡単な作り方をご紹介♪

投稿日:

「布ナプキンを市販で買うよりも、自分で手作りして使いたい」そんな悩みをお持ちではないでしょうか。

布ナプキンは肌に触れるものなので自分で生地を選びたい、リーズナブルに手に入れたい、好きなデザインにしたいと考えることもありますよね。

今回は、布ナプキンを手作りする方法についてご紹介します。

布ナプキンの作り方

布ナプキンの作り方

布ナプキンは作り方を知っていれば、 好きな素材で簡単に作る ことができます。材料は百均で揃えることも可能ですよ。作り方を覚えて、自分なりの布ナプキンを手作りしてみましょう。

ステップ1.
型紙を作り
生地をカットする

まずは、型紙を作ります。作りたい形のナプキンを紙にあてて型をとりましょう。型紙に使用する紙はなんでも構いません。

型紙ができたら、型紙に沿って布をカットしていきます。必要な布は、肌面の布、内側の吸収用の布、外側の布の3種類です。

肌面はオーガニックコットンなど、肌に優しい素材を選びましょう。外側の布は好きなデザインを選ぶと気分が上がりますよ。好きな布を選べる点も手作りの魅力です。

ステップ2.
カットした生地を
重ねて縫い合わせる

3種類の布をカットできたら、上から肌面の布を裏側、外側の布を表側、吸収用の生地の順番に重ね合わせましょう。順番や裏表を間違えるとうまくできないので、注意が必要です。

重ねたら、クリップなどで固定して、ミシンで縫い合わせます。あとでひっくり返すために、一部縫い合わせない部分を残しておきましょう。

ひっくり返してアイロンを掛け、スナップボタンをつければ完成です。

市販の布ナプキンは吸収体や
防水布があってモレにくい

市販の布ナプキンは吸収体や防水布があってモレにくい

手作りのナプキンは好きな素材やデザインにできて嬉しい反面、モレやすいという不安もあります。素材にこだわりながら安心して使いたいなら、市販の布ナプキンもおすすめです。 市販の布ナプキンのモレにくさの理由 について見ていきましょう。

市販の布ナプキンの吸収体

市販の布ナプキンには、 吸収体としてパイル生地やネル(起毛)生地のコットン が使われていることが多いです。

パイル生地とは、輪状の糸が織り込まれた生地のこと。表面積が広く、吸水性に優れています。

ネル(起毛)生地も同様に、吸水性が高いことが特徴です。

市販の布ナプキンの防水布

市販の布ナプキンには防水布が使用され、モレにくくなっています。

なかでも布ナプキンに使用される 透湿防水布は、湿気を通して経血は通しません。

ムレにくく、モレにくいため、布ナプキンでも安心して使えます。

nunonaは
100%オーガニックコットン

 nunonaは100%オーガニックコットン

nunonaの布ナプキンは素材にこだわり、 厳しい世界基準GOTSをクリアした100%オーガニックコットン を使用しています。一体型なので、布ナプキンが初めての人でも使いやすく、モレにくいので安心ですよ。

はじめてでも
使いやすい一体型

一体型の布ナプキンは、 本体と吸収体が一体 になっており、市販の紙ナプキンと同じように使えます。

すべて布でできているため、心地よい肌触りでムレにくいので、肌に優しいです。

まずは布ナプキンを試してみたいという方にもおすすめですよ。

3D布ナプキンは
立体構造でモレにくい

nunonaで人気があるのは立体構造の3D布ナプキンです。

肌に触れる面が立体的 になっており、しっかり経血を吸収してくれます。

吸収部分が洗いやすいのもポイントです。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

まずはお試し!
2種類のおりもの用入りセット

nunona人気No.1!
ひと通り揃うお得なセット

最大50%OFF!
数量限定の布ナプキン福袋

この記事を書いた人
きのしたまい
きのしたまい

文筆家。自分が豊かになれる生活や考えについて執筆しています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品

nunonaのおすすめ商品