布ナプキンをやめた人の理由は?

投稿日:

最近は使い心地の良さや環境への配慮から、布ナプキンを選ぶ人が増えています。

しかし、布ナプキンを使った人のなかには、「使ってみたけどやめてしまった」という人がいるのも事実です。そうした人はどんな理由で布ナプキンをやめてしまうのでしょうか。

今回は、布ナプキンをやめた理由についてご紹介します。

布ナプキンをやめた人の理由

布ナプキンをやめた人の理由

布ナプキンを過去に使っていたけれど、いまは使うのをやめてしまったという人の理由をまとめました。さっそく見ていきましょう。

理由1.
洗うのがめんどうくさい

特に多い理由として 「布ナプキンを洗う手間」 があげられます。

「経血がついた布ナプキンを洗うのがいや」「洗う手間がかかるのが面倒」という声が多いようです。市販の紙ナプキンは使用後にすぐ捨てられるので、比較して面倒に感じる人も多いでしょう。

しかし、布ナプキンは洗い方に慣れてしまえば、そこまで大きな手間ではありません。正しい洗い方の手順を知ることが大切です。

理由2.
モレてしまう不安がある

「布だけでほんとうにモレない?」「一度使ったらモレてしまった」という不安や経験 から、布ナプキンをやめてしまう方もいます。

布ナプキンは紙ナプキンに比べて、吸水力が少ないイメージがあるようです。

しかし、布ナプキンは正しく使えば十分な吸水力を発揮します。特に、布ナプキンの使い始めは予洗いをすると吸水力が上がりますが、そのことを知らずに使っている人も多いようです。

布ナプキンの洗い方は
慣れれば簡単

布ナプキンの洗い方は慣れれば簡単

布ナプキンは洗う手間やモレが不安でやめたという人が多いようです。しかし、 布ナプキンの洗い方は慣れてしまえばとても簡単。 ここでは、布ナプキンの洗い方について見ていきましょう。

布ナプキンの洗い方

布ナプキンを使ったあとは、40度以下のぬるま湯で軽く洗い、洗剤を溶かしたぬるま湯につけ置きをします。

数時間〜半日つけ置きしたら、洗い流して軽く絞り、洗濯機で洗います。ほかの洗濯物と同様に干して、乾燥したらおしまいです。

基本的につけ置き洗いをして洗濯機にいれるだけのシンプルな方法です。慣れればとても簡単ですよ。

布ナプキンの
洗い方のポイント

仕事や外出時など、すぐに布ナプキンを洗えないときは、洗剤を溶かした水をスプレーしてから、たたんで携帯袋にいれるのがおすすめです。

乾燥を防ぐことで、時間が経っても経血を落としやすくなります。

帰宅後は早めに洗えば、経血もしっかり落ちやすくなり、お洗濯が楽になりますよ。

nunonaの3D布ナプキンは
洗濯が楽チン♪

nunonaの3D布ナプキンは洗濯が楽

特に厚みのある布ナプキンは洗いにくく、きちんと経血を落とせているのか不安になりますよね。nunonaの3D布ナプキンなら、安心の吸収力でモレず、洗濯も簡単ですよ。

3Dの立体構造で
洗いやすい

3D布ナプキンは、吸収面と外側の布が縫いつけられておらず離れていて、立体的な構造になっています。

そのため、 十分な厚みがありながら、吸収体をしっかり洗いやすい のです。

吸水力のある厚みと洗いやすさを兼ね備えた布ナプキンといえます。

風通しがよく
乾きも速い

厚みのある布ナプキンを洗うと、なかなか乾かなくて困ることがありますよね。

3D布ナプキンは吸収面と外側の布が離れているため 通気性がよく、乾きやすい のもポイントです。

洗いやすさ、乾きやすさも布ナプキンを続ける大切な理由といえるでしょう。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

漏れにくさを体験!
ノーマルと3Dを試せるセット

翌日のストックを完備
便利グッズ付きセット

プチプラで体験♪
さくっと始められるセット

この記事を書いた人
きのしたまい
きのしたまい

文筆家。北海道小清水生まれ、現在は東京で暮らしています。世界を知り、より心地良く生きることを題材に執筆。Webメディア『knstmi』、note『視点』運営。あらゆる世界やカルチャー、生活に目を向けて、日々考えています。趣味はいい香り探し、自分の身体に合った食研究です。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品

nunonaのおすすめ商品