布ナプキンで経血量が減るのは本当?

投稿日:

ネットなどで調べると「布ナプキンで経血量が減る」という評判を目にすることがありますが、本当なのでしょうか?

今回は、布ナプキンで経血量が減ると感じる要因についてご紹介します。

経血量が減ると感じる要因01.
見え方の違い

見え方の違い

布ナプキン自体には経血量が減るという効果はなく、実際には経血量は同じでも量が減ったように感じる場合があります。

最初に、布ナプキンで経血量が減って見える理由を考えてみましょう。

ポリマー不使用で
膨張しない

市販の紙ナプキンの多くは、経血を吸収するためのポリマーが使われており、経血を吸うとゼリー状に膨張することが特徴です。

一方布ナプキンは、何層にも重ねた布が経血を吸収します。厚みはあるものの、ポリマーが入っていないため、経血を吸収しても膨張しない作りになっています。

この使用後に膨張しない性質により、布ナプキンを使うと経血量が減ったように感じる場合があるんです。

布ナプキンは
経血が横漏れしにくい

布ナプキンは経血が横漏れしにくい

紙ナプキンはサイドの羽が吸収力のない素材で作られているので、一気に大量の経血が出ると、吸収が追いつかず横漏れすることがあります。

一方布ナプキンは、羽の部分に経血がついたとしても、布が経血を漏らさずキャッチ。経血が横に広がりにくいため、布ナプキンを使うと経血量が減ったように見えるのです。

布ナプキンへのこだわり

経血量が減ると感じる要因02.
生理に対する意識が変わる

生理に対する意識が変わる

布ナプキンの使用をきっかけに、生理に対する意識や向き合い方が変わり、実際には経血量は同じでも、量が減ったように感じる場合があります。

生理と向き合うきっかけになる

布ナプキンは使用後に洗濯をするため、洗濯を通して自分の経血量や体調を把握しやすくなるというメリットがあります。

経血量や体調を意識して生理と向き合うことで、生理中の失敗やストレスが減り、快適に過ごしやすくなるのです。

生理を快適に過ごせるようになると、同じ経血量であっても、量が減ったように感じることがあります。

トイレで経血を排出する
意識が生まれる

トイレで経血を排出する意識が生まれる

布ナプキンユーザーの中には、ナプキンを汚したくないという気持ちから、経血をできるだけトイレで排出する「経血コントロール」に挑戦する人もいます。

また経血コントロールができなくても、大量の経血が出そうになったらトイレに行くなどの工夫をすることで、布ナプキンが汚れにくくなり、経血量が減ったように感じることもあるでしょう。

「布ナプキンで経血量が減る」
口コミの噂は…?

「布ナプキンで経血量が減る」口コミの噂は…?

最後に、布ナプキンを実際に使っている人の口コミを通して「布ナプキンで経血量が減る」という評判について確かめてみましょう。

リアルな実際の声リアルな実際の声
「伝い漏れしない」

通常の紙ナプキンは伝い漏れになったりするので昼用のサイズを使うのを躊躇してしまいますけど、布ナプキンはコットンがすぐに吸収してくれるので安心して使えました。

リアルな実際の声リアルな実際の声
「ほぼ不要になった」

張り切って多い日の夜用を多目に購入しましたが、コントロールができるようになったので多い日用を外出以外で使わなくなりました

紙ナプキンでは伝い漏れするほどの経血量でも、布ナプキンならすぐに吸収してくれるので安心という口コミや、布ナプキンをきっかけに、経血コントロールができるようになったという口コミがあるようでした。

経血コントロールができるようになるかどうかは個人差がありますが、コントロールできれば生理中も快適に過ごせますね!

経血量を減らすことを目的とせず、自分自身の身体と向き合うために布ナプ生活にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

先輩ユーザーさんが教える!布ナプキン実体験レポート

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
sakuranbo
sakuranbo

元美容師として働いていた知識を元に美容系やトレンド、お得情報など様々な記事を執筆しているママライターです。『やらない後悔よりもやって後悔』をモットーに、体当たり人生を謳歌しています。生理痛に悩み、布ナプキンの虜になってから数年にわたって愛用中。快適な布ナプキンライフの紹介ができたらと思います。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品