布ナプキンの収納と畳み方教えます

投稿日:

洗って繰り返し使う布ナプキン、当然使わないときは収納場所が必要です。

収納しているときにパッと見てできれば布ナプキンだとバレたくない、という人も多いのではないでしょうか。

今回はすっきり収納、スムーズに使えるおすすめの畳み方や収納場所について紹介します。

収納しやすい
布ナプキンの畳み方

収納しやすい布ナプキンの畳み方

おすすめの布ナプキンの畳み方は2通り。どちらも柄生地が表にくるのでおしゃれで、なおかつすっきり収納できる畳み方なので参考にしてみてくださいね。

スリムに収納
『コンパクト畳み』

一番簡単な畳み方は、羽部分のスナップを肌面を内側にしてとめるというもの。ショーツに付けるのと真逆のイメージです。

サイドの両端を折るだけなのでペタンとスリムに畳めます。薄く畳めるので何枚も重ねたり、立てて収納すると見やすく収納できますよ。

一枚一枚取り出しやすくストレスフリーに。収納するときは長さ別で並べるとわかりやすいでしょう。

コロンとかわいい
『丸め畳み』

はじめに前後を肌面を内側にして折ってから、サイドの羽部分のスナップで両サイドから押さえてとめればコロンとしたかわいい畳み方になります。

少し嵩張りそうですが、パッと見て柄がわかるので選ぶときに使いやすのが魅力です。

さらに夜用などの長めの布プキンも丸く収まるので大きさを気にせず畳めます。

布ナプキンの
おすすめ収納場所

布ナプキンのおすすめ収納場所

一般的に紙ナプキンはトイレ収納にしている人が多いですが、布ナプキンは下着と同じ棚に入れているという人も。自分が使いやすい場所を見つけてスムーズなナプキン交換を目指しましょう。

トイレ収納

紙ナプキンと同じように布ナプキンをトイレ収納するのもあり。スリム畳みでも丸め畳みでもボックスに入れておけばすっきり収納できますよ。

中身が絶対バレたくない人は蓋つきのものを使うといいでしょう。

トイレのついでにすぐに交換できるのも、トイレ収納のメリットです。

下着入れ収納

布ナプキンの収納は下着と一緒にするのもおすすめです。 下着の棚は他人が開ける心配もないので、バレたくない人でも安心して収納できますよ。

トイレに行く前に下着入れに寄り道するのが少し手間かもしれませんが、自分専用のものなので安心感があります。

下着入れがトイレから遠い場合は、なるべくトイレから近い場所に布ナプキンの収納スペースをつくると取りに行く手間が省けます。

布ナプキンの収納時に
気をつけたいこと

布ナプキンの収納時に気をつけたいこと

布ナプキンを収納するときに注意したいポイントを紹介します。きちんと収納時も気を付けてあげると清潔に長く使い続けられますよ♪

きちんと乾燥させてから
収納しよう

布ナプキンは使用後洗って乾かします。しっかり中まで乾いているといいのですが、 もし半乾きだった場合そのまま収納するとにおいやカビなどの原因になることも。

収納する前に内側まできちんと乾いているのか確認することが重要です。

厚みのあるタイプなど、心配なら一晩多めに乾かしてから収納しましょう。

長期間使わない場合は
防虫剤を

生理不順で次の生理まで期間があいたり、妊娠中で長期間布ナプキンを使わないときは注意が必要です。

布ナプキンは素材にこだわった生地を使用しているので放っておくと虫食いになる可能性も。上質な服の保管と同じように大切に収納しておきましょう。

デリケートゾーンに直接つけるものなので、虫食いを防ぐ防虫剤は天然成分のものがおすすめです。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

まずはお試し!
2種類のおりもの用入りセット

一番枚数を使う
昼用を試せるセット

多い日でも安心できる
夜用を試せるセット

この記事を書いた人
sakuranbo
sakuranbo

元美容師として働いていた知識を元に美容系やトレンド、お得情報など様々な記事を執筆しているママライターです。『やらない後悔よりもやって後悔』をモットーに、体当たり人生を謳歌しています。生理痛に悩み、布ナプキンの虜になってから数年にわたって愛用中。快適な布ナプキンライフの紹介ができたらと思います。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品