布ナプキンはセスキ炭酸ソーダで洗う!

投稿日:
最終更新日:2021/05/06(木)

掃除や洗濯に役立つアイテムとしてメディアで紹介され、最近広く知られるようになった「セスキ炭酸ソーダ」。

そんなセスキ炭酸ソーダは、布ナプキンの洗濯洗剤としてもよく使われます。しかし実際、セスキ炭酸ソーダでどうやって布ナプキンを洗うのか気になっている方も多いでしょう。

今回は、セスキ炭酸ソーダを使った布ナプキンの洗い方についてご紹介します。

セスキ炭酸ソーダが活躍!
布ナプキンの洗い方

セスキ炭酸ソーダが活躍!布ナプキンの洗い方

まずは、布ナプキンの基本の洗い方をおさらいしていきましょう。セスキ炭酸ソーダが活躍するのは、おもに「浸け置き」の工程です。

布ナプキンの洗い方1.
もみ洗い

まずは、経血の付いた使用済み布ナプキンを水または40℃以下のぬるま湯でもみ洗いします。高温のお湯で洗うと、経血が固まって落ちにくくなるので要注意。

このとき、布ナプキンは雑巾のようにゴシゴシ擦るのではなく、染み込んだ経血を優しく押し出すように洗うのがポイントです。

経血の付いた布ナプキンを直接洗うのに抵抗がある場合は、nunonaで販売している「防臭チャック袋」の上からもみ洗いするのもおすすめですよ!

布ナプキンの洗い方2.
浸け置き

もみ洗いが終わった布ナプキンは、水または40℃以下のぬるま湯1.5Lに対してアルカリウォッシュ大さじ1程度を溶かした浸け置き水にしっかりと浸けましょう。

アルカリウォッシュとは、セスキ炭酸ソーダ100%でできた洗濯洗剤です。浸け置き用の容器には、洗面器やホーローバケツ、先ほどご紹介した防臭チャック袋などが使えます。

浸け置きに適した時間は、3時間~半日です。それ以上放置する場合は、雑菌の繁殖を防ぐためにも、ときどき浸け置き水を交換しましょう。

布ナプキンの洗い方3.
すすぎ

浸け置き後は、布ナプキンを水または40℃以下のぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。このときも、生地が傷まないよう優しく洗うのがポイントです。

すすぎが終わったらそのまま干すこともできますが、汚れ残りが気になる場合は、さらに洗濯機で洗いましょう。

すすぎ後の布ナプキンはほとんど経血汚れが落ちているので、洗濯ネットに入れれば他の洗濯物と一緒に洗っても問題ありません。

簡単3ステップ!布ナプキンの洗い方

布ナプキンの洗い方4.
乾燥

布ナプキンの汚れが落ちたら、しっかりと水気を切って乾かしましょう。

布ナプキンを乾かすときは、天日干しが理想です。天日干しで日光消毒をすることで、布ナプキンを清潔に保ちやすくなります。

また下記のページでは、布ナプキンの扱い方がもっとよくわかるQ&Aを紹介しています。布ナプキンの使い方や、nunonaの商品が向いているか向いていないかを判断する参考にぜひご覧ください!

布ナプキンのよくあるQ&A

布ナプキンの洗濯に
セスキ炭酸ソーダがおすすめな理由

布ナプキンの洗濯にセスキ炭酸ソーダがおすすめな理由

最後に、数ある洗濯洗剤の中でも、布ナプキンの洗濯にセスキ炭酸ソーダが使われる理由を解説します。

重曹よりも洗浄力がある

布ナプキンの洗濯には重曹が使われることもありますが、セスキ炭酸ソーダは重曹よりもアルカリ性の度合いが強いという特徴があります。

洗浄力が強く重曹よりも経血汚れを効率的に落としてくれるセスキ炭酸ソーダは、布ナプキンの洗濯に最適なんです。

またセスキ炭酸ソーダは、サラサラとした結晶状で水に溶けやすく、重曹のように粒が残らないという利点もあります。

環境に優しい

「洗浄力が高いほど良いなら、普通の洗濯洗剤のほうが良いのでは?」と感じることもあるかもしれません。

しかし市販の洗濯洗剤は、合成界面活性剤を使ったものが多く、環境への負荷が大きいというデメリットがあります。

その点セスキ炭酸ソーダは、合成界面活性剤を使用していない無機物なので、環境への影響が少なく、ナチュラルクリーニングを実践することが可能です。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
kino
kino

フリーライター、イラストレーターをしています。7歳・4歳姉妹の母で、美容やファッション、子育てなど女性向けの記事を主に執筆しています。忙しいママのためのファッションイラストをインスタグラムで公開中。趣味は服を買うこと、漫画を読むこと、日記を描くこと。インドア派なので、家で楽しめることを探すのが得意です♪

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品