生理痛はストレスから?原因と対処法

投稿日:

毎月の生理で、「生理痛が重い」「お腹だけじゃなくて頭痛や腰痛も」といった生理痛に関する悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。

生理痛の原因にはホルモンの分泌バランスだけでなく、ストレスも挙げられます。

今回は、そんな生理痛の原因とその解消法についてご紹介します。

辛い生理痛、
ストレスとの関係は?

辛い生理痛、ストレスとの関係は?

毎月の辛い生理痛を和らげるためにも、まずはその原因から見ていきましょう。

ストレスとは

一般的にストレスというと、仕事や人間関係などの心的なものをイメージしますが、実際にはそれだけではありません。

疲れや睡眠不足、冷え、肌トラブルなどの体的なものもストレスの一部です。

これらが原因で、生理痛にも影響が出てしまうわけですね。

ストレスと生理痛の関係

体の自律神経には、日中に優位になる活動的な「交感神経」と、夜間に優位になる休息的な「副交感神経」があります。

しかし先ほど述べたような強いストレスがかかり続けると、このバランスが崩れてしまいます。

結果、血行が滞ったり女性ホルモンの分泌が乱れてしまうため、生理痛が辛くなってしまうのです。

生理痛を和らげる、
ストレスの解消法

生理痛を和らげる、ストレスの解消法

ストレスは、体の不調だけでなく生理痛にも影響を及ぼします。生理痛を和らげるためにも、ストレスの解消方法を見ていきましょう。

生活習慣を整える

ストレスに左右されない、健康な体をつくるには生活習慣を整えるのが最初の一歩です。

  • しっかりと睡眠をとる
  • 栄養バランスのとれた食事
  • 適度な運動
  • 体の冷え対策
  • などが挙げられます。

    少しずつでも、毎日意識していけると良いですね。

リラックスする
環境づくりを

ストレスを感じてしまったときには、リラックスすることも大切です。

生理期間中の入浴は難しいかもしれませんが、体を温めてゆっくり休息するのも良いですね。

女性ホルモン様作用やホルモン調節、リラックス作用のあるアロマを使ってみるのもおすすめです。

布ナプキンで生理痛は
軽くなる?

布ナプキンで生理痛は軽くなる?

「布ナプキンで生理痛が軽くなった」という声もよく耳にしますが、実際のところ医学的な理由は解明されていません。では、なぜ生理痛が和らいだように感じるのでしょうか。

ストレスだけじゃない、
生理の敵である「冷え」対策

生理のときには、ホルモンに似た働きをする「プロスタグランジン」という黄体ホルモンが分泌されます。これは経血の排出をスムーズにする役割の一方で、過剰に分泌されてしまうと生理痛の原因になります。

このプロスタグランジンを抑えるためには、体の冷えを冷やさないことが大事だと考えられています。 というのも、体が冷えて血行が滞ると経血の排出も難しくなるため、体は経血を排出するためにプロスタグランジンを分泌してしまうからなのだとか。

使い捨ての紙ナプキンは体を冷やしてしまいますがコットン100%の布ナプキンなら体を温めてあげられるため、生理痛も和らぐように感じるのではないでしょうか。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

まずはお試し!
2種類のおりもの用入りセット

nunona人気No.1!
ひと通り揃うお得なセット

最大50%OFF!
数量限定の布ナプキン福袋

この記事を書いた人
服部 真緒
服部 真緒

不動産関係の記事をメインにライター活動中。4か月間の独学で宅建を取得しました。主には不動産投資に役立つ、物件選びのポイントや各社サービスの比較についてのコンテンツを紹介しています。週末の趣味はもっぱらお酒。ビールにワインに日本酒に…読書をしながらお家で一人ちびちび飲むのが好きです。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品