エアコンの冷えに気をつけよう

投稿日:
最終更新日:2021/02/10(水)

夏場のエアコンで身体が冷えすぎたりした経験はありませんか?

身体を冷やしすぎると冷えを感じるだけでなく、だるさや食欲不振などの不調につながる可能性もあるんです。

今回はエアコンの冷え対策について紹介します。

エアコンで冷える?

エアコンで冷える?

暑いときにかかせないエアコン、温度設定を下げ過ぎると冷えの原因につながるかもしれません。身体を冷やしすぎると自律神経が乱れ、不調が生まれる可能性も…。一度「エアコンでの冷え」について見直してみましょう。

冷房病になってない?

冷房で室内を冷やしすぎると、外気との気温の差で自律神経が乱れる場合も。

自律神経の乱れによって引き起こされるのは、足腰の冷えや体のだるさ、食欲不振など様々考えられます。

暑いからとってエアコンを効かせすぎると冷房病になってしまう可能性があるなんてびっくりしますよね。

エアコンで冷える原因

暑い時期、身体の熱を外に逃がし体温を下げるのに汗をかいています。

ですがエアコンの効いた部屋ではもちろん暑くないので汗はかかず、外側から冷やすことで冷えを感じやすくなってしまうことも。

血がめぐりにくい手足の先や冷えやすいお腹は特に冷えを感じやすい部分なので、冷やしすぎないように注意が必要です。

エアコンの冷え対策

エアコンの冷え対策

エアコンでの冷えが気になる人は一度エアコンの使い方を見直してみることをおすすめします。冷やし過ぎていないか、風が直接あたっていないかがポイントです。

エアコンの
温度設定を見直そう

夏場、暑いからといってガンガンにエアコンを効かせていませんか?

エアコンの温度設定は25~28℃を目安に設定しましょう。

あまりにも涼しくしすぎると室外との気温の差で体調を崩してしまう場合があります。室外と室外の温度差の目安は3~4℃くらいを目安にしてくださいね。

風に直接あたらない

冷風に直接あたることも冷えの原因になります。

風が直接当たることで身体が急激に冷えて体温が奪われてしまうことに。

風の向きが調整できる場合は身体に直接当たらないようにしましょう。

自分でできる
冷え対策

自分でできる冷え対策

オフィスなど共同で使用している場所では自分の意志でエアコンの温度や風向きを変えることが難しいですよね。そんなときは冷え対策ができるアイテムを活用しましょう。

カーディガンで
体温調節を

気温が暑くなると袖のない服を着ることが増えますが、エアコンの効いた部屋では寒すぎることも。

温度が自由に調整できない場所なら、一枚カーディガンがあると役に立ちます。

風が直接あたったり、寒すぎる温度だと感じたらサッと羽織って自分自身で調節してみてくださいね。

布ナプキンを使おう

冷え対策といえば、ソックスや腹巻などがありますが、布ナプキンも冷え対策に使用できるんです。どれだけ着こんでいてもおしりがスースーする…そんなときに一枚厚めの布ナプキンを活用すると温かく快適にすごせます。

布ナプキンは素材がやわらかいのでクッションの役目にもなり、デリケートゾーンを包み込む安心感があります。もちろん生理中以外で冷え対策目的として使用するのもOK。年中使えるのもおすすめのポイントです。

カーディガンや腹巻だけでは足りない、そんな人は一度布ナプキンでの冷え対策をしてみてくださいね。

nunona人気No.1!
ひと通り揃うお得なセット

最大50%OFF!
数量限定の布ナプキン福袋

nunona人気No.1!
ひと通り揃うお得なセット

nunona人気No.1!
ひと通り揃うお得なセット

この記事を書いた人
sakuranbo
sakuranbo

元美容師として働いていた知識を元に美容系やトレンド、お得情報など様々な記事を執筆しているママライターです。『やらない後悔よりもやって後悔』をモットーに、体当たり人生を謳歌しています。生理痛に悩み、布ナプキンの虜になってから数年にわたって愛用中。快適な布ナプキンライフの紹介ができたらと思います。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品