生理中のデリケートゾーンの肌トラブル

投稿日:
最終更新日:2021/03/04(木)

デリケートゾーンは顔よりも皮膚が薄く、刺激にとても敏感な部分です。

しかし生理になると生理用品を頻繁に使うため、デリケートゾーンの肌トラブルに悩んでいる人も多いですよね。

今回は、生理中のデリケートゾーンの肌トラブルと対策法についてご紹介します。

生理中に起こりやすい
デリケートゾーンの肌トラブル

生理中に起こりやすいデリケートゾーンの肌トラブル

デリケートゾーンは角質層の厚みが薄く、顔よりもやわらかいため刺激に弱い部分です。 どのような肌トラブルが起こりやすくなるのか見ていきましょう。

ムレによるかぶれ

生理中は女性ホルモンの乱れから、肌の皮脂分泌や発汗が頻繁になります。

ナプキンは皮脂や汗などの湿気は吸収できないので、ショーツの中に湿気がこもりかぶれやすくなるのです。

特に夏場はショーツの中に熱がこもり、皮脂分泌や発汗の量が多くなるので要注意です。

ムレによるかゆみ

長時間ナプキンを肌に当てていると、デリケートゾーンがかゆくなることはありませんか?

生理中のデリケートゾーンのかゆみも、ショーツの中がムレが原因で起こりやすくなります。

またデリケートゾーンの脱毛中の場合、伸びてきた毛が肌を刺激してかゆみを強く感じることがあるので要注意です。

デリケートゾーンの
肌トラブルに困ったら…

デリケートゾーンの肌トラブルに困ったら…

デリケートゾーンの肌トラブルは、人前で相談しにくいもの。 生理中にデリケートゾーンのかぶれ・かゆみに困った時の対処法をご紹介します。

小まめにナプキンを変える

長時間同じナプキンをつけていると、湿ったナプキンでかぶれが悪化してしまうことも。

デリケートゾーンがかぶれた時は、1~2時間に1回小まめにナプキンを交換してみましょう。

小まめにナプキンを変えるとショーツの中の湿気が軽減され、デリケートゾーンのかぶれも少なくなりますよ。

デリケートゾーン専用の
かゆみ止めを使う

かぶれがひどくなると、ナプキンが軽く触れただけで刺激を感じてしまいます。

かぶれ・かゆみが気になって仕方ない時は、市販のデリケートゾーン用のかゆみ止めを試してみましょう。

肌トラブルを落ち着かせて、ナプキンの刺激から肌を守ってくれる成分などが配合されていますよ。

デリケートゾーンの
肌トラブルを防ぐ方法

デリケートゾーンの肌トラブルを防ぐ方法

デリケートゾーンの肌トラブルを防ぐには対処法だけでなく、肌トラブルが起こりにくい状態にすることも大切です。 生理中の肌トラブルを防ぐ方法についてまとめてみました。

弱酸性の
デリケートゾーン専用石鹸で洗う

デリケートゾーンの中は酸性に保たれることで、雑菌の繁殖を防いでいます。

しかし通常のボディソープでデリケートゾーンをゴシゴシ洗うと、酸性に保つための常在菌のバランスが崩れて肌トラブルが起こりやすくなることも…。

弱酸性のデリケートゾーン専用の石鹸はデリケートゾーンの肌バランスを保ち、清潔に洗うことができますよ。

布ナプキンでデリケートゾーンの
通気性アップ

弱酸性のデリケートゾーン専用の石鹸とともにおすすめなのが布ナプキンです。

布ナプキンは通気性の良い天然素材を使って作られているので、デリケートゾーンが汗ばんでもショーツの中がムレにくいのです。

また布ナプキンはショーツと同じ布地で作られているため、かぶれた肌に触れても刺激になりにくく、肌刺激の軽減にも繋がります。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

まずはお試し!
2種類のおりもの用入りセット

一番枚数を使う
昼用を試せるセット

多い日でも安心できる
夜用を試せるセット

この記事を書いた人
ひいらぎ
ひいらぎ

元エステティシャンの経歴を活かした記事作成をメインに、ジャンルを問わず幅広く活躍する30代のWebライター。スキンケア・脱毛・コスメ・片付けなど、読者の「きれいになりたい!」気持ちに寄り添う記事を心がけて制作している。ちなみに布ナプキン歴は5年ほど。ブルーな生理時期を快適に過ごせるように日々奮闘中。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品