布ナプキンは部屋干しできる?

投稿日:
最終更新日:2021/03/15(月)

布ナプキンは、使用後に洗濯をして、何度も繰り返し使えることが特長です。

しかし、布ナプキンを洗濯する際、毎日天日干しができるとは限らず「部屋干しでも大丈夫かな」と疑問を感じることがあるでしょう。

今回は、布ナプキンの干し方の基本と、部屋干しする際のポイントについてご紹介します。

布ナプキンは
部屋干しできる?

布ナプキンは部屋干しできる?

天候やさまざまな事情により、布ナプキンを外に干せないケースもありますよね。最初に、布ナプキンを部屋干ししてもよいのかどうかについて詳しく解説します。

布ナプキンは
天日干しが理想

布ナプキンのもっとも理想的な干し方は、やはり天日干しです。

日光には天然の殺菌効果があり、天日干しをすることで、布ナプキンをより清潔な状態に保ちやすくなります。

布ナプキンを天日干しする際は、周りをタオルなどで囲み、外から見えないように干し方を工夫するとよいでしょう。

天日干しが難しければ
部屋干しもOK

布ナプキンの干し方は天日干しが最適ですが、雨天時ややむを得ず天日干しができない場合は、部屋干しで乾かすことも可能です。

ただし部屋干しの場合、布ナプキンがしっかりと乾きにくいというデメリットがあります。

生乾きの状態が続くとカビや雑菌が繁殖するため、不衛生にならないよう注意が必要です。

布ナプキンを
部屋干しする際のポイント

布ナプキンを部屋干しする際のポイント

布ナプキンは、天日干しが難しければ部屋干しすることも可能です。次に、布ナプキンを部屋干しする際に押さえておきたいポイントを2点ご紹介します。

部屋干し前に
洗濯機で脱水する

布ナプキンを部屋干しする場合は、干す前に洗濯機で脱水しておきましょう。

布ナプキンは手洗いするのが基本ですが、洗った布ナプキンを手で絞るよりも、洗濯機の脱水機能を使ったほうがよく水気を切れます。

注意点として、布ナプキンを洗濯機で脱水するときは、劣化を防ぐためにも忘れずに洗濯ネットに入れましょう。

風通しのよい場所に干す

布ナプキンを部屋干しする際は、できるだけ風通しがよく、晴天時なら日当たりもよい場所を選びましょう。

布ナプキンを乾きやすくするために、扇風機やエアコンの風を当てる方法もおすすめです。

注意点として、カーテンレールに洗濯物を掛けると、洗濯物にカーテンの汚れが付いたり水分がカーテンに移ったりして不衛生な状態になる可能性があります。

布ナプキンが
乾きにくいときの対処法

布ナプキンが乾きにくいときの対処法

雨天時など、部屋干しではどうしても布ナプキンがしっかり乾かないことがありますよね。そこで最後に、布ナプキンが乾きにくいときの対処法をご紹介します。

乾燥機を使う

nunonaの布ナプキンは、乾燥機にかけて乾かすことができます。

乾燥機なら、天候に関わらずすぐに洗濯物が乾くため「明日使う分の布ナプキンが足りない!」といった状況でも便利です。

ただし、布ナプキンを頻繁に乾燥機にかけると、生地が早く劣化する可能性があります。乾燥機は、毎回ではなく乾きにくいときに限定して使用するのがおすすめです。

アイロンをかける

布ナプキンに生乾き感が残るときは、アイロンをかけて乾かす方法もあります。

アイロンを使用する場合は、肌面に乾いたタオルなどで当て布をして、低温(80~120℃)で軽くかける程度にとどめましょう。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

漏れにくさを体験!
ノーマルと3Dを試せるセット

翌日のストックを完備
便利グッズ付きセット

プチプラで体験♪
さくっと始められるセット

この記事を書いた人
YUKI
YUKI

「自分らしく、自由に生きたい」と考え、会社員を経て独立したフリーランスライターです。現在はマネー系/転職/住宅/生活情報など幅広いジャンルでコラムなどを執筆しています。趣味はのんびりと読書やお菓子作り、ガーデニングを楽しむこと。ライターとして、読者にわかりやすく伝わる文章の書き方を日々模索しています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品