布ナプキンの変色はなぜ?防止策は?

投稿日:

布ナプキンが変色したけど衛生的に大丈夫なの?この変色はもう消えないの?とお困りの人必見。

原因や対処法を知って変色してしまった布ナプキンを復活させましょう。

今回は布ナプキンを変色させないようにするコツもご紹介しているので、これを見ればきれいな状態を長く保てますよ。

布ナプキンが
変色する原因

布ナプキンが変色する原因

ずっと清潔に使いたい布ナプキン。変色すると見た目あけでなく、衛生的にもよくないこともあるんです。主な原因は洗い残しやつけ置きのしすぎ。布ナプキンユーザーなら誰でもなりうることなので注意しましょう。

変色原因
①洗い残しが原因

肌面の変色で一番多い原因は、洗い残しによるもの。

しっかりと布ナプキンの内側部分の経血汚れを落としきれていないと、どうしても黄ばみや茶色に変色してしまいます。

使用後の布ナプキンの経血汚れが渇いてしまった場合も落ちにくくなるので、洗い残しがないように気をつけましょう。

変色原因
②つけ置きしすぎ

基本的に使用済みの布ナプキンはつけ置きをするもの。ですが、 汚れたままのつけ置き水に何日もつけてしまうと変色の原因になることもあるんです。

水は長く置いていると腐ります。そこに経血汚れも加わり、長時間置きすぎると雑菌の宝庫に……。

衛生的に使いたい布ナプキンだからこそ、何日もつけ置きをするのはNGです。

変色したときの対処法

変色したときの対処法

「気づいたときには変色していた」というときは諦めないで、捨てる前に一度対処法を試してみましょう。簡単にできる対処法や、処分すべき変色の目安をご紹介します。

漂白剤を使う

通常、布ナプキンはアルカリウォッシュなどの温和なアルカリ剤でつけ置きして汚れを浮かします。

それでも落ちない頑固な汚れには酸素系漂白剤を使用すると、気になるにおいも落とせるのでおすすめです。

どうしても落ちない黄ばみ汚れには少し強いですが塩素系漂白剤を使います。ただし、 一緒に柄面の色まで落ちる可能性があるので、それでもいい場合のみ使用してください。

思い切って処分

強い漂白剤をしても落ちない原因は、汚れが繊維に染み込んでいてとれない可能性も。

うっすらでも黄ばみが残っているなら処分の対象にしましょう。

さらに何度も洗いすぎて生地が傷んでしまった場合も思い切って処分することをおすすめします。布ナプキンの肌ざわりのよさが失われていては元も子もありません。新しい布ナプキンを迎えましょう。

変色しないように使うコツ

変色しないように使うコツ

何度もくり返し使えたはずなのに、変色したせいで処分するのは悲しいですよね。変色しないように使うコツを抑えて、長くきれいな状態を保ちましょう。

毎回しっかり洗う

布ナプキンは何枚も生地が重なっている ので、 表面に見えている汚れだけでなく内側の汚れまでしっかり落とすのがコツ。

つけ置き後のすすぎで内側から経血汚れが出てこなくなるまでしっかり流しましょう。

少しでもでるなと思ったら、再び新しいつけ置き水でしばらくつけると汚れが取れやすくなりますよ。一回一回を丁寧に洗うことで変色を防げます。

つけ置き水を入れ替える

長くつけ置き水を放置するのも変色の原因でしたよね。 つけ置き水は長くても1日1回は取り替えましょう。

夏場は特に水が腐りやすくなるので、つけ置き水に殺菌効果のあるアロマを入れると◎。つけ置き水を取りかえるときに、中につけている布ナプキンも一回すすぐとより汚れが落ちやすくなりますよ。

ちょっと手間ですが、長く布ナプキンを使うために気を付けてみてくださいね。

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

まずはお試し!
2種類のおりもの用入りセット

nunona人気No.1!
ひと通り揃うお得なセット

最大50%OFF!
数量限定の布ナプキン福袋

この記事を書いた人
sakuranbo
sakuranbo

元美容師として働いていた知識を元に美容系やトレンド、お得情報など様々な記事を執筆しているママライターです。『やらない後悔よりもやって後悔』をモットーに、体当たり人生を謳歌しています。生理痛に悩み、布ナプキンの虜になってから数年にわたって愛用中。快適な布ナプキンライフの紹介ができたらと思います。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品