ナプキンがない!そんなときの対処法

投稿日:
最終更新日:2021/04/12(月)

ナプキンを持ち合わせていないのに急な生理になったとき、「ナプキンがない!」と慌ててしまいますよね。

そんなときにできる対処法を知っていますか?

今回は、覚えておくと便利な即席ナプキンの作り方やナプキンがないときに慌てなくてすむ方法をご紹介します。

ナプキンがないときの対処法

ナプキンがないときの対処法

急に生理がはじまったとき、ナプキンがないと慌ててしまいますよね。何もつけない状態だとショーツだけでなく服の表面にまで経血が浸透してしまうので、ナプキンがないと気付いた段階で対策が必要です。はじめにすぐできる応急処置をご紹介します。

トイレットペーパーで対処

「ナプキンがない!」と焦るのは、トイレの中でのことが多いのではないでしょうか。

とりあえずショーツの汚れをトイレットペーパーでふき取り、ナプキンの代わりに 何重にもトイレットペーパーを巻いて挟んでおく というのが手軽な方法です。

しかし、トイレットペーパーは水にとけやすく、どれだけ分厚く巻いていても長時間経血を受け止めることはできません。簡易的な応急処置として使用しましょう。

ハンカチやタオルで対処

ハンカチやタオルを持っているなら、 ショーツに入るサイズに畳んでナプキンの代用品として使えます。

ただし一度経血がついてしまったら汚れがとれにくい場合もあるので割り切って使用してくださいね。

タオルハンカチくらいのサイズが丁度ナプキン代わりにしやすい大きさなので、ハンドタオルしかないときはカットして調節するのがポイントです。ハンカチが薄い場合は中心にトイレットペーパーを挟んで厚みをだすと吸収力がアップします。

ナプキンがないとき
【即席ナプキンの作り方】

 ナプキンがないとき【即席ナプキンの作り方】

ナプキンをどうしても買いに行くことができないときは、応急処置だけでは経血が漏れてしまいます。そんなときは自分で作れる即席ナプキンを活用しましょう。ハンカチやビニールなど手に入りやすいアイテムで作れるので、災害時にも重宝しそうです。

①ハンカチを折る

応急処置でも出てきたように、ハンカチやタオルハンカチはナプキンの代用にぴったり。

ショーツに挟める大きさに畳みましょう。

大きいタオルを使う場合は丁度良い大きさにカットしてくださいね。

②ラップやビニールを挟む

応急処置ではこのまま使用しましたが、 長時間経血漏れを防ぐにはラップやビニールを使います。

水分を通さない防水布の代わりになるのでショーツに近い側に挟みましょう。

何も入れないときよりも漏れにくくはなりますが、それでも限界はあるのでこまめな交換は必要です。

布ナプキンを使ってみよう

布ナプキンを使ってみよう

布ナプキンをはじめて使うとき、本当に布で大丈夫なのか心配という声をよく耳にします。しかし一度使用感がわかれば安心して使えるので、普段から布ナプキンを使うことをおすすめします。災害時やどうしてもナプキンが手に入らないとき、即席ナプキンを使うしかないので、即席ナプキンへの不安が減らせるのは大きなメリットです。

布に慣れると
選択肢が増える

布ナプキンをおすすめする一番の理由は、布で経血を吸収することに慣れておくということ。

布ナプキンを一度でも使えば、意外に漏れにくいので安心感が生まれます。緊急時に生理の不快感以外に不安な要素が減るのは大事ですよね。

布ナプキンを使い慣れていると、自分の生理のサイクルや経血量を意識できるのも魅力です。

布ナプキンを
一つ持ち歩く

紙ナプキンを普段から使っている人でも、 カバンに1つ布ナプキンを忍ばせておけば緊急時に役立ちます。

買い物で紙ナプキンが手に入らないときでも鞄に1つあると安心。

薄手のタイプだと嵩張らないのでおすすめです。

nunonaおすすめ商品

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

まずはお試し!
2種類のおりもの用入りセット

nunona人気No.1!
ひと通り揃うお得なセット

最大50%OFF!
数量限定の布ナプキン福袋

この記事を書いた人
sakuranbo
sakuranbo

元美容師として働いていた知識を元に美容系やトレンド、お得情報など様々な記事を執筆しているママライターです。『やらない後悔よりもやって後悔』をモットーに、体当たり人生を謳歌しています。生理痛に悩み、布ナプキンの虜になってから数年にわたって愛用中。快適な布ナプキンライフの紹介ができたらと思います。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品