布ナプキンにサニタリーショーツは使う?

投稿日:
最終更新日:2021/06/02(水)

布ナプキンを使うときでも、サニタリーショーツを履いた方がいいの?

経血のモレが心配でサニタリーショーツを合わせたくても、かぶれが気になって迷っている方もいるでしょう。

今回は、布ナプキンとサニタリーショーツについてご紹介します。

布ナプキンにサニタリーショーツが
不向きな理由

布ナプキンにサニタリーショーツが不向きな理由

布ナプキンにサニタリーショーツを使うことは可能です。しかし、紙ナプキンとは違うので、使っていて気になる面も出てくるかもしれません。布ナプキンとサニタリーショーツの不安点について事前に確認しておきましょう。

通気性が悪い

サニタリーショーツは防水布を使っているため、綿素材のショーツに比べると通気性が悪く、かぶれやムレの原因となってしまうことがあります。

防水布が使われているサニタリーショーツでは、布ナプキンの通気性の良さが発揮できませんね。

通気性の良さは、かぶれやムレ対策に有効です。サニタリーショーツで通気性が悪くなってしまうのはもったいないと思いませんか。

布ナプキンを
つけると滑る

布ナプキンとサニタリーショーツの相性はいまいち。スナップボタンで固定しても防水布が布ナプキンの滑りを良くしてしまいます。

紙ナプキンはテープでショーツに固定できるため、動いていてズレる心配は少ないので、サニタリーショーツは紙ナプキン向きなのかもしれません。

布ナプキンを合わせても使っているうちにズレてしまうと心配事が増えそうです。

布ナプキンにサニタリーショーツを
使う方もいる

布ナプキンにサニタリーショーツを使う方もいる

通気性や布ナプキンのズレなどの問題はありますが、中にはサニタリーショーツを使っている方もいます。絶対ダメというわけではないので、サニタリーショーツを使うか使わないかは、あなたが優先する悩みよって考えてみてください。

漏れが気になるから使う

生理中の悩みといえば、経血が漏れてしまうこと。洋服に経血が染みていないか心配ですよね。

布ナプキンは紙ナプキンと違い、漏れが気になりやすいかもしれません。

もし、布ナプキンから漏れてしまっても、防水布つきのサニタリーショーツなら、最後の砦にもなります。ふつうのショーツよりは、安心感があるためサニタリーショーツを使う方がいます。

布ナプキンとサニタリーショーツの
一体型ショーツを使う

布ナプキンとサニタリーショーツが一緒になったショーツもあります。

生理不順でいつ生理がはじまるかわからない方や生理の終わりかけに使いたい方には使い勝手が良いかもしれません。

頻繁に交換せずに済むメリットもありますが、衛生面を考えるとお肌に触れる部分はこまめに交換したいですよね。

布ナプキンを使うときの
ショーツ選びのポイント

布ナプキンを使うときのショーツ選びのポイント

サニタリーショーツの問題を解決するには、ショーツの選び方がポイントです。これから、布ナプキンを快適に使うための準備をはじめてみませんか?

ほどよいフィット感がある

ゆったりしたショーツだと布ナプキンとの間に隙間ができてしまうため、ズレる場合があります。

締め付け過ぎない、ほどよいフィット感のショーツを基準に選びましょう!

サニタリーショーツのように防水布が入っていないショーツなら、フィット感があってもかぶれの心配は薄れますよ。

綿の素材がおすすめ

お肌に優しい布ナプキンを使用しているので、ショーツの素材にもこだわってみませんか? 綿素材のショーツは、お肌への負担も少なく通気性も保てます。

ズレにくいのも特徴なので、サニタリーショーツよりも滑らず快適に過ごせるでしょう。

布ナプキンとショーツを綿素材にすることで、通気性とズレの問題も和らぎます。布ナプキン生活がストレスなく乗り切れると良いですね。

nunonaおすすめ商品

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

まずはお試し!
2種類のおりもの用入りセット

nunona人気No.1!
ひと通り揃うお得なセット

最大50%OFF!
数量限定の布ナプキン福袋

この記事を書いた人
ゆみこ
ゆみこ

地球と環境に優しい生活を目指し、より快適に過ごせるよう心掛けているライターです。布ナプキン歴は約5年。現在、「管理栄養士&転妻ライターゆみこBLOG」を運営中。気になることは積極的に試す好奇心旺盛な一面もあり。知りたい情報を的確に届けられるよう日々執筆しています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品