漏れないナプキンの付け方は?

投稿日:

生理中の悩みで多いことの一つとして、「経血漏れ」が気になるという方は多いのではないでしょうか。

いままで漏れてしまったことのある方はもちろん、量が多くてこまめにナプキンを交換しないと落ち着かない…という方も多いはず。

そこで今回は、経血が漏れないナプキンの選び方や付け方、対策方法についてご紹介します。

漏れない、
ナプキンの正しい付け方

漏れない、ナプキンの正しい付け方

まずは、正しいナプキンの付け方のポイントをおさらいしていきましょう。

漏れない付け方のポイント

経血が漏れないためには、ズレないように羽付きのナプキンが断然おすすめです。

付ける位置としては、使い捨てナプキンでいうナプキンの折れ目部分と、ショーツのクロッチの前境目あたりが合うことを目安にするとバランスが取りやすいですよ。

体型や普段の姿勢によっては合う位置が少し変わりますので、交換の際には経血がナプキンの真ん中に来ているかどうかを確認して調節してみましょう。

サニタリー用のショーツや
スパッツはマスト

ナプキンメーカーの調査によると、生理のときにサニタリーショーツを使わないという人は2~3割いるのだとか。しかし経血漏れが気になる人には、サニタリーショーツがあると安心です。

サニタリーショーツは防水布によって漏れやムレを軽減してくれるほか、股上が深かったりとズレにくいように設計されているものも。

お尻のほうまで防水加工がされたショート丈のサニタリースパッツもあり、筆者もよくショーツの上から使用しています。サニタリー用のものを使ったことがないという方は、一度試してみると良いかもしれません。

布ナプキンのサイズを
見直してみる

ナプキンのサイズを見直してみる

正しくナプキンを付けていても漏れてしまう、という場合にはナプキンのサイズが合っていないのかもしれません。ナプキンのサイズを見直して、余裕のあるサイズを選ぶと安心です。

ナプキンのサイズ目安

一般的にふつうの日、というと20cm~23cmのナプキンを指すことが多いですが、生理2日目などだと少し不安なことも。

漏れてしまうかどうか不安、数時間ごとに交換しなきゃ落ち着かない、という場合には昼でも33cm~などの夜用をつけておくと安心です。

布ナプキンをはじめて使う、という場合には普段の使い捨てナプキンより少し長めのサイズを選ぶと良いでしょう。

前漏れ?後ろ漏れ?
対策方法

前漏れ?後ろ漏れ?対策方法

ひとことで経血漏れといっても、前漏れする方や後ろ漏れする方、量が多くないのに漏れてしまう方などさまざまです。

漏れの原因は

経血漏れが気になるという方のほとんどは、量が多い日に起こるというケースが多いのではないかと思います。

前漏れ、後ろ漏れ、と漏れ方はそれぞれですが、これには姿勢や膣の位置が関係しているのだとか。比較的前に膣がついていたり後ろについていたりと、これによって経血の漏れも変わってきてしまうようです。

しかし、普通のナプキンを前、後ろのどちらかに寄せてしまうと、逆の方の長さが足りなくなってしまうことも。少し長めのナプキンを使って、漏れが気になる方に寄せて付けると安心ですね。

nunonaなら防水布付きで
サイズも豊富

nunonaの布ナプキンは、すべての布ナプキンに漏れにくくムレにくい防水布を採用しています。

布ナプキンは漏れそうで心配、という方も、布を重ねただけでなく防水布を使用したnunonaのナプキンなら安心ですね。

さらに嬉しいのが、サイズの豊富さ。17cm~40cmまでのサイズを揃えているため、軽い日はもちろん多い日でも心配なく使えちゃいます。

nunonaおすすめ商品

合わなければ『全額返金』OK
はじめてさん向けセット

まずはお試し!
2種類のおりもの用入りセット

nunona人気No.1!
ひと通り揃うお得なセット

最大50%OFF!
数量限定の布ナプキン福袋

この記事を書いた人
ライター名
ライター名

自己紹介

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品