生理用ショーツの種類を紹介!

投稿日:
最終更新日:2021/05/13(木)

「生理中は、生理用(サニタリー)ショーツを履く」という人は多いと思います。生理用ショーツは、普通のショーツにはない機能が備わっているため、生理中でも快適に履けるのが特徴です。最近は、これまでになかったタイプの生理用ショーツも登場しているので、詳しく見ていきましょう。

今回は、生理用ショーツの種類やタイプをご紹介します。

生理用ショーツとは?

生理用ショーツとは?

生理用ショーツを使うメリットをご紹介します。

汚れが落ちやすい!

生理用ショーツは、クロッチ部分に防水布を使用するなどしており、万が一汚れた場合でも汚れ落ちが良いのが特徴です。

防水布の面積はショーツのタイプによって異なり、経血の量や履くタイミングに合わせて選べます。

経血が付いてしまったときでも、時間が経っていないのであれば水で洗うだけできれいになりますよ。

フィット感があるのにムレにくい!

生理用ショーツは、通常のショーツに比べてフィット感が高く、ナプキンをしっかり固定してくれるのでモレにくいのも魅力。

一方で、通気性の良い素材を使うなどして、ムレにくくする工夫もされています。

消臭機能付きの生理用ショーツを選べば、生理中の嫌な臭いも気になりません。

様々な生理用ショーツ

様々な生理用ショーツ

生理用ショーツといっても、様々なタイプがあります。ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

レギュラー・羽根付き用

レギュラータイプ・羽根付きタイプは、最もオーソドックスな生理用ショーツです。ボクサータイプや、ヒップハングタイプなどいろいろな種類・丈感のものが市販されています。

クロッチ部分が二重になっている羽根付きタイプは、一体型の布ナプキンユーザーにもぴったり!

粘着テープでクロッチに固定できない布ナプキンでも、しっかり固定できますよ。

夜用

夜用の生理用ショーツの特徴は、ヒップをすっぽり包み込むような防水布です。腰までしっかりカバーしてくれるので、寝ている間の伝いモレを防いでくれます。

ただし、防水布の面積が大きい分少しムレやすくなってしまうので、ショーツのなかのムレが気になる人は通気性が高い生地を使ったものを選ぶと良いでしょう。

夜用だからといって「昼間に履いてはいけない」というものではないので、量が多いときのために1枚持っておくと重宝します。

便利な機能をそなえた生理用ショーツ

便利な機能をそなえた生理用ショーツ

生理用ショーツのなかには、便利な機能が付いたものもあります。

ポケット付き

ナプキンを持ち歩くのが恥ずかしいというティーン・ジュニアには、ポケット付きの生理用ショーツがおすすめです。

前面にポケットがあるので、そこにナプキンを入れれば誰にも知られずにナプキンを持ち歩くことができます。

ポケットにミニカイロ入れれば、お腹を温めて生理痛を和らげることもできますよ。

吸収タイプ

最近話題になっているのが、吸収タイプの生理用ショーツです。ショーツそのものが経血を吸収するため、ナプキン要らずで楽に過ごせるとされています。

洗って繰り返し使える点も評価されていますが、中には「1日中経血を吸収したショーツを履き続けるのは抵抗がある」「洗うのが面倒」という声もあるようです。

吸収タイプの生理用ショーツだけで1日過ごすのはさすがに無理があります。あくまでも終わりかけの軽い日や生理になりそうな時などに、タンポンや月経カップと併用すると、その良さが実感できるでしょう。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
結城 葵
結城 葵

現在、幅広い商品紹介記事や広告記事などをメインに執筆しているWebライターです。月経カップ・布ナプキンユーザー。フェムテックに興味があります。おいしいものとお酒が大好き! 趣味は料理と食べ歩きです。皆さんのお役に立てる情報をわかりやすく発信できるよう頑張ります!

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品