布ナプキンにホーローを選ぶ理由

投稿日:
最終更新日:2021/09/10(金)

布ナプキンのつけ置き容器といったらホーローを思い浮かべる人が多いかと思います。実際布ナプキン専門店でも扱われているのをよく見かけますよね。実はホーローのつけ置き容器は布ナプキンにはぴったりな性質があるんです。

今回は布ナプキンのつけ置きにホーローがおすすめな理由をご紹介します。

ホーローを使う理由は?

ホーローを使う理由は?

ホーローは土台となる金属にガラス質の釉薬を高温で密着させて作られます。鉄のように丈夫な強度を持つのに、ガラスのようにツヤツヤで美しいのが特徴です。 そんなホーローは、使用済み布ナプキンのつけ置き時の気になるにおいや汚れに強い性質があるんです。

ホーロー容器は
においがつきにくい

使用した布ナプキンをつける前に軽く汚れは落としますが、染み込んだ経血汚れはつけ置き液にどんどん出てきます。つけ置きバケツの液は時間が経てばたつほどにおいが気になるように。

蓋を閉めておけば周りにはにおいは漏れませんが、何度も使うつけ置き容器ににおいが染み込むのは避けたいですよね。

ホーロー素材の容器なら、そんな気になるにおいが移りにくいのでサッと洗えばOKです。

ホーロー容器は
汚れもつきにくい

塩や酸にも強いといわれるホーロー。水に強く、キッチンや洗面所周りにもホーローは使われるほど。

表面のつるっとした質感は使用済み布ナプキンの経血汚れも寄せ付けにくい ほか、傷みにくいのでアルカリウォッシュなどの洗浄液も気にせず使用できるんです。

万が一汚れがついて取れなくなったら、重曹でつけておけば簡単にきれいになりますよ。



布ナプキンのつけ置きに
ホーロー以外を使うと…

布ナプキンのつけ置きにホーロー以外を使うと…

ホーローがいいのはわかったけど、ちょっとお値段やデザインに好みのものがないという人はホーロー以外の素材でもつけ置き容器にできます。プラスチックのつけ置き容器は手軽な価格で購入出来て、軽く、バリエーションも多いところが魅力です。ただし、ホーローを使うことのメリットはかなり大きいので一度考えてみましょう。

ホーロと比べて強度は…?

00均でも購入できるプラスチックのつけ置き容器は、 軽さと手軽に購入できる価格が魅力です。

ホーローに比べると落としたときに割れやすかったり、長く使ううちにどんどん劣化していくのがデメリット。

何度も買い直す必要があるため、結果的に強度の強いホーロー容器が経済的になるかもしれません。壊れたら買い直す、と割り切って使うにはおすすめです。

においが気になるかも

蓋つきを使えばにおいは気になりにくいですが、やはり使うにあたり開け閉めするものなのでにおい対策はしたいもの。

プラスチック製の容器はホーローに比べて容器自体ににおいや汚れがくっつきやすいので、布ナプキンを洗うとともに容器もよく洗う必要があります。

つるんと汚れがつきにくいホーローはサッと流すだけでも、プラスチックだとこすってヌルヌル汚れをしっかり落とすのが手間に。洗い物に時間をかけたくない人はホーローを選びましょう。



やっぱり布ナプキンには
ホーローバケツ

やっぱり布ナプキンにはホーローバケツ

ホーロー容器を布ナプキンに使う理由はまだまだたくさんあります。迷ったらホーローを選んでみてもいいかもしれません。

中が見えない&おしゃれ

ホーローは透けない素材なので中身が見えません。つけ置きしている布ナプキンは見せたくないので、つけ置き容器にぴったりですよね。

さらに柔らかな色合いのものや、木製のパーツと組み合わせた北欧風デザインなどもありおしゃれなところもうれしいポイント。

高級感を求める人やインテリアに馴染ませたい人にもぴったりです。

煮沸消毒ができる

布ナプキンを煮沸消毒すると多少なりとも傷むので頻繁には出来ませんが、ホーローは熱にも強いんです。

熱湯を注ぐだけでなく、アイテムによってはそのまま火にかけられるものも。

たまに熱湯消毒をしたいというときに、そのままお湯をかけられるのはありがたいですよね。

この記事を書いた人
sakuranbo
sakuranbo

元美容師として働いていた知識を元に美容系やトレンド、お得情報など様々な記事を執筆しているママライターです。『やらない後悔よりもやって後悔』をモットーに、体当たり人生を謳歌しています。生理痛に悩み、布ナプキンの虜になってから数年にわたって愛用中。快適な布ナプキンライフの紹介ができたらと思います。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品