布ナプキンに柔軟剤がNGな理由は?

投稿日:
最終更新日:2021/05/18(火)

衣類にほどよい香りと柔らかさをプラスしてくれる柔軟剤。布ナプキンにはあまりおすすめできないって知っていましたか?

今回は柔軟剤がNGな理由と、どうしてもにおいが気になるときの対策をご紹介します。

洗濯に柔軟剤を使うのはなぜ?

洗濯に柔軟剤を使うのはなぜ?

柔軟剤はその名のとおり衣類の繊維を柔らかくしてくれるアイテムです。毎日の洗濯に使用している人も多いかと思います。はじめに柔軟剤の魅力をみていきましょう。

柔軟剤の魅力①
防臭や香りづけ

柔軟剤は衣類の嫌なにおいを消臭して、さらににおいをつきにくくしたりいい香りでコーティングしてくれます。

柔軟剤を選ぶとき、香りで選ぶという人も多いのではないでしょうか。最近では香水より強くなくてフワッと香る柔軟剤に人気が出てきたので、店舗では様々な香りが並んでいますよね。

フローラルやシトラス、アロマの香りなどバリエーション豊かです。柔軟剤の香りが苦手な人向けに、防臭がメインの無香料タイプもあります。

柔軟剤の魅力②
静電気防止やシワ防止

柔軟剤を使うと 繊維の表面を滑らかにしてくれるので、シワになりにくく静電気防止も期待 できます。

衣服は着ているとシワになりやすく冬場は特に静電気が起こりやすいので、柔軟剤はありがたい存在です。

使うときは洗剤でしっかり汚れを落としてから、すすぎの前に使用するとこで柔軟剤の良さを発揮させましょう。花粉や細かい汚れをつきにくくしてくれるのも、うれしいポイントです。



なんで布ナプキンには
柔軟剤はNGなの?

なんで布ナプキンには柔軟剤はNGなの?

いいことだらけの柔軟剤なのですが、布ナプキンにはあまり使用するのは控えたほうがいいかもしれません。ここからは布ナプキンにNGな理由を紹介します。

吸水性が落ちる

繊維の表面をコーティングして滑らかにする柔軟剤、 繊維をねかせてふんわり感を損ねたり、吸水性を悪くしてしまうことがあるんです。

布ナプキンはしっかり経血を吸水しないと漏れやすくなるので、水分をはじくのは避けたいところ。

さらに布ナプキンの汚れが落ちきっていない場合、柔軟剤を使うと汚れを閉じ込めてしまうので蓄積してしまうことに…。

肌トラブルにつながる

香りが強い柔軟剤は特に香り成分が多く配合しているので、 直接お肌につけるアイテムに使う場合はトラブルにつながることも。

基本的に香り成分はすすいでも衣類に残るようになっているので、お肌が弱い人は特に気をつけたいですよね。

お肌にやさしいオーガニック素材を使っている布ナプキンを選ぶのなら、柔軟剤は避けた方が賢明でしょう。



布ナプキンの
におい対策にはコレ

布ナプキンのにおい対策にはコレ

柔軟剤でにおい対策をしたかった、という人は他の方法で対策をしてみましょう。天然成分を使ったアロマを活用すれば、お肌のトラブルも気になりにくくなりますよ。

布ナプキンにアロマを使う

すすぎの水に最後にアロマをたらしたり、スプレータイプのものなら、ショーツ側の面に使う前にシュッと吹きかけることでいい香りが楽しめます。

アロマはつけ置き液に混ぜてにおい防止や雑菌の繁殖も抑えられる ので、使うものによって効能をチェックしましょう。

nunonaにはオレンジ、ラベンダー、ベルガモットのアロマスプレーがあります。つけ置きだけでなく、リラックスタイムにも使用できるところが魅力です。

布ナプキンは中まで乾かす

布ナプキンのにおいの原因のひとつに、半乾きであることがあげられます。

中まで乾いていないまま片づけることで、雑菌が繁殖して不快なにおいを発生させてしまうんです。

きちんと内側まで乾いてから収納するだけでもにおいの予防はできる ので、においの原因がわからない人は試してみましょう。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
sakuranbo
sakuranbo

元美容師として働いていた知識を元に美容系やトレンド、お得情報など様々な記事を執筆しているママライターです。『やらない後悔よりもやって後悔』をモットーに、体当たり人生を謳歌しています。生理痛に悩み、布ナプキンの虜になってから数年にわたって愛用中。快適な布ナプキンライフの紹介ができたらと思います。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品