吸水ショーツの使い心地は?

投稿日:
最終更新日:2021/05/24(月)

経血を吸収してくれる「吸水ショーツ」が最近話題です。気になっている人もいるのではないでしょうか?一方で「衛生面が不安」「漏れそう」という声があるのも事実です。

今回は、吸水ショーツの使い心地についてご紹介します。

吸水ショーツとは?

吸水ショーツとは?

吸水ショーツとはどんなものなのでしょうか?

ナプキン要らずで
過ごせるって本当?

吸水ショーツは、クロッチ部分が経血を吸収してくれる構造になったショーツです。ナプキンをつけなくてもショーツ1枚で過ごせるため、快適だとされています。

しかし、「同じショーツを1日中履いているのは衛生的に不安」とか「本当に漏れないの?」という声があるのも事実。

1枚あたりの価格もまだまだ手ごろとは言えません。

洗って繰り返し
使えるからエコ?

吸水ショーツは、布ナプキンと同じように洗って繰り返し使えます。そのためエコでサステナブルな生理用品としても注目を集めています。

多くの吸水ショーツは、水で経血を洗い流した後、洗濯機に入れて洗えるので、洗うのはそれほど手間ではありません。

また、干すときは普通のショーツやスパッツと同じような見た目なので、干す際に家族の目をあまり気にしなくて済みます。



吸水ショーツの使い心地

吸水ショーツの使い心地

では、実際に吸水ショーツはどのような使い心地なのでしょうか?

多い日にこれ1枚で
過ごすのは厳しいかも……

吸水ショーツの給水量は製品によって異なりますが、多い日は吸水ショーツ1枚で過ごすのは厳しいと言わざるを得ません。

人によっては溢れてしまう可能性もありますし、吸収する経血量が多ければ多いほどクロッチ部分が湿って重くなり、ムレやすくなります。

表面はそれほどベタつきませんが、経血を吸っているので雑菌の繁殖など、衛生面での不安も残ります。

洗濯は思っているよりも簡単!

使った後の吸水ショーツは、水洗いして洗濯機に入れればOKです。たくさん経血を吸収したあとでも、3~4回ほど水を変えてすすげば、あらかたの経血は落とせます。(クロッチ部分が黒いので、目で見て落ちているかどうか確認するのは難しいです。)

ただ問題はそのあと。クロッチ部分に厚みがあるので、乾きにくいです。生乾きの状態で着用するのは、雑菌が繁殖しやすくなるので控えましょう。

吸水ショーツだけで生理期間を過ごそうと思ったら、複数枚準備する必要があります。1枚5,000円程度するものもあるので、それなりの初期費用が掛かるのがネックです。



吸水ショーツはこんなとき・
こんな風に使おう!

吸水ショーツはこんなとき・こんな風に使おう!

吸水ショーツは、こんな使い方をすると便利ですよ!

生理になるかもしれない時

生理になるかもしれないときは、吸水ショーツを履いておくと安心感があります。万が一>出先で生理になってしまったとしても、慌てることがありません。

少ない経血には十分な吸水量なので、家に帰るまでモレを気にしなくて良いのもポイント。

もちろん、生理の終わりかけの時にも良いでしょう。

月経カップやタンポンと併用

月経カップやタンポンと併用するのも良いでしょう。万が一月経カップから経血があふれてしまった場合などでも、服を汚す心配がありません。

もちろん、あふれる前にお手洗いに行ければ良いですが、忙しいとそれも難しいですよね。そんなときに吸水ショーツを履いていると安心です。

月経カップユーザーのなかには就寝中だけ吸水ショーツを履いて、日中はナプキンを使う人もいます。交換のために目を覚ます必要がないので、朝までぐっすり眠れますよ。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
結城 葵
結城 葵

現在、幅広い商品紹介記事や広告記事などをメインに執筆しているWebライターです。月経カップ・布ナプキンユーザー。フェムテックに興味があります。おいしいものとお酒が大好き! 趣味は料理と食べ歩きです。皆さんのお役に立てる情報をわかりやすく発信できるよう頑張ります!

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品