生理用品を安く買う方法とは

投稿日:
最終更新日:2021/05/24(月)

「生理用品はコストがかかる」と悩んでいないでしょうか。毎月のことだから、コストはできるだけ抑えたいもの。生理用品を安く買う方法を知って、お得に乗り越えましょう。

今回は、生理用品を安く買う方法についてご紹介します。

生理用品にかかる費用は?

生理用品にかかる費用は?

まずは、生理用品にどれくらいの費用がかかっているのかをチェックしておきましょう。

一生で456,000円

使い捨てナプキンやタンポンを使用する場合、1ヶ月にかかる費用はおよそ1,000円程度になるでしょう。

女性の一生における平均的な生理期間は13歳〜51歳の38年間です。つまり、1,000円×12ヶ月×38年間=456,000円もの費用がかかることがわかります。長期的に見るとかなり高額ですね。

しかし、生理にかかる費用はそれだけではありません。

ピルや生理痛の薬でさらに高額に

人によっては、低用量ピルや生理痛の薬を服用している場合もあるでしょう。低用量ピルは、病院で処方してもらうと1ヶ月分(1シート)で2,000円〜3,000円かかります。1年分だけでも24,000〜36,000円です。

また、生理中に身につけるサニタリーショーツなどの購入費や、婦人科にかかる医療費もかさみます。

生理に関わる費用をすべて含めると、一生で100万円以上はかかるのではないでしょうか。安く購入する方法を知り、できるだけ安く抑えたいものですよね。



生理用品を安く買う方法

生理用品を安く買う方法

長期的な目線では、生理用品にかかる費用は高額です。ここからは、生理用品を安く買う方法について見ていきましょう。ぜひ活用して、生理にかかるコストを賢く節約してみてくださいね。

ドラッグストアで購入する

生理用品を安く購入できるのはドラッグストアです。セール品やお買い得商品などに注目して選びましょう。

一方で、コンビニやインターネット通販では割高になりやすいので注意しましょう。特にインターネット通販の場合、まとめ買いで安くても送料がかかるため、結果的に節約にならないことが多いです。

繰り返し使える
生理用品を選ぶ

使い捨てのナプキンやタンポンを生理のたびに購入するのではなく、繰り返し使える生理用品を選ぶと長期的にお得です。最初の出費は大きくなりやすいですが、一度購入すればその後はずっと使えるのでコスパがいいですよ。

繰り返し使える生理用品には、「布ナプキン」「月経カップ」「吸収型ショーツ」などがあります。取り入れやすいものから試してみてはいかがでしょうか。



まずは布ナプキンがおすすめ!

まずは布ナプキンがおすすめ!

「繰り返し使える生理用品って、どれを選ぶべき?」と気になる方もいるでしょう。おすすめは布ナプキンです。ここでは、布ナプキンがおすすめな理由をご紹介します。

一生使っても
8万円という高コスパ

布ナプキンは、1回分の生理に必要な枚数を購入するのに平均1万円ほどかかります。

「高い!」と感じるかもしれませんが、一度購入すれば5年程度使えるため、1ヶ月あたり約166円。一生では8万円で済むのです。使い捨てナプキンの456,000円と比較すると、差は一目瞭然ですね。

布ナプキンは、長期的に見たときのコストパフォーマンスが非常に高いのです。

使い捨てナプキンと同じように
使えるので取り入れやすい

繰り返し使える生理用品のなかでも、布ナプキンをおすすめする理由は、これまで使用していた使い捨てナプキンと基本的に同じ使い方で取り入れやすいためです。

布ナプキンは、スナップボタンで下着につけて使用します。交換のタイミングは使い捨てナプキンと同様の間隔です。

布ナプキンは使い捨てナプキンよりも肌触りや通気性が良いため、コストを抑えながら生理期間を快適に過ごせるでしょう。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
きのしたまい
きのしたまい

文筆家。北海道小清水生まれ、現在は東京で暮らしています。世界を知り、より心地良く生きることを題材に執筆。Webメディア『knstmi』、note『視点』運営。あらゆる世界やカルチャー、生活に目を向けて、日々考えています。趣味はいい香り探し、自分の身体に合った食研究です。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品