サニタリーショーツと布ナプキン

投稿日:
最終更新日:2021/05/26(水)

サニタリーショーツというものはご存じでしょうか。生理のときにはあるととっても便利なアイテムです。

今回は、サニタリーショーツについて、そのメリットや布ナプキンとの相性についてご紹介します。まだつかったことのない方は、ぜひ参考にしてみてください。

サニタリーショーツとは

サニタリーショーツとは

名前は聞いたことがあっても、意外に知らないという方も多いサニタリーショーツ。具体的にどのようなものなのか、紹介していきます。

サニタリーショーツは
どんなもの?

サニタリーショーツは、生理期間をより快適に過ごせるように作られています。

ナプキンを装着するクロッチ部分はしっかりと面積が広く、ナプキンがズレにくい構造になっています。また、ポリエステルなどのシャカシャカとした素材のものが多いため、万が一経血がついてしまっても、洗い流しやすい素材です。

お気に入りのショーツが紙ナプキンの粘着テープで傷んでしまった、ということを防ぐためにも、サニタリーショーツが役立ちます。

サニタリーショーツは
こんな種類も

サニタリーショーツには、股上がしっかりと深く、お腹のあたりまで覆えるものや、ボクサータイプでショートパンツのようにある程度の丈があるものもあります。

冷えやすいお腹を温めたり、ショーツのすき間から経血が漏れてしまうのを防ぎます。



サニタリーショーツは
こんな方におすすめ

サニタリーショーツはこんな方におすすめ

では、サニタリーショーツが具体的にどんな方におすすめなのかを紹介していきます。

普段の下着と
つかい分けたい方に

普段から、繊細なレースのショーツやTバックなどを履く機会が多い方には、生理のときにはサニタリーショーツをおすすめします。

ナプキンの粘着テープで下着が傷んでしまったり、ナプキンのズレを防ぐためです。

サニタリーショーツなら、洗濯や取り扱いもとても楽ちんです。

生理痛や
冷えが気になる方に

サニタリーショーツは、ブラジャーとセットになって販売されているような下着に比べると、下腹部のあたりまで覆うものが多いです。

生理痛や冷えが気になる方にはとてもおすすめです。

中には腹巻きと一体型になったものや、ポケットがついていてカイロやナプキンが入れられるものもあります。



布ナプキンと
サニタリーショーツ

布ナプキンとサニタリーショーツ

布ナプキンをつかっている方には、サニタリーショーツは必要なのでしょうか?

サニタリーショーツは
なくても大丈夫

nunonaの布ナプキンの特徴のひとつが、粘着テープではなくスナップボタンがあしらわれている点です。

スナップボタンが2つ付いているので、下着のサイズやナプキンを装着するクロッチ部分の面積の広さによって調整ができます。

粘着テープによる下着の劣化などを心配している方には、サニタリーショーツはつかわなくてもいいかもしれません。

経血漏れや
冷えが気になる方には

粘着テープなどで下着を傷める心配はありませんが、ナプキンのズレや経血の漏れを心配する方には、サニタリーショーツをつかうとより安心かもしれません。

それぞれの体調に合わせたサニタリーショーツをつかうことで、生理期間がより快適に過ごせるかもしれません。

まだ試したことのない方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
いまむらゆかこ
いまむらゆかこ

大阪市在住のフリーライターです。エステティシャンとスキンケアメーカー勤務を経て、肌や美容・ライフスタイルに関わる記事を中心に執筆。おとな女性に向けたコンテンツを日々作成し、届けています。野良出身の足が短いねこと暮らしています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品