吸水ショーツと布ナプキンの特徴を紹介

投稿日:
最終更新日:2021/05/26(水)

どちらも繰り返し使える生理用品である「吸水ショーツ」と「布ナプキン」。生理用品を見直すに当たって、どちらがより良いのか、どちらを選ぶべきか迷ってしまう方も多いでしょう。

今回は、吸水ショーツと布ナプキンそれぞれの特徴とメリット・デメリットについてご紹介します。

吸水ショーツの特徴

吸水ショーツの特徴

はじめに、吸水ショーツの特徴とメリット・デメリットを確認していきましょう。

吸水ショーツとは?

吸水ショーツとは、ショーツの肌面に吸収性・防水性・防臭性のある布を何層にも重ねており、ショーツ自体が経血を吸い取ってくれる生理用品です。

構造や性能は製品ごとに異なりますが、1枚の吸水ショーツでナプキン2~4枚分程度の経血を吸収することができます。

吸水ショーツは洗って繰り返し使うため、使用後は毎回予洗いで経血を落としてから洗濯をする必要があります。

吸水ショーツの
メリット・デメリット

吸水ショーツのメリットは、生理用品がショーツ1枚で完結するため、生理用品を持ち歩いて出先で交換する手間が省ける点です。

履き心地もゴワゴワ感や厚みを感じにくく快適に使えますし、生理が始まりそうな時期に普通のショーツの代わりに履いていれば突然の出血にも対応できます。

一方吸水ショーツは、吸収できる経血の量に限度があり、多い日は他の生理用品との併用が必要だったり、使用後の洗濯に手間がかかったりする点がデメリットです。



布ナプキンの特徴

布ナプキンの特徴

次に、布ナプキンの特徴とメリット・デメリットについても見ていきましょう。

布ナプキンとは?

布ナプキンとは、布を何層にも重ねて作られたナプキンのこと。

化学素材を用いた一般的な使い捨てナプキンよりデリケートゾーンにかかる負担が少なく、敏感肌の方や小中学生でも安心して使えることが特徴です。

布ナプキンの
メリット・デメリット

布ナプキンのメリットは、使い捨てナプキンよりも肌触りがやわらかく通気性も良いため、デリケートゾーンの肌トラブルを防ぎやすい点です。

使い捨てナプキンとほとんど同じような感覚で使えるので、これまで使い捨てナプキンを愛用していた方にも使いやすくなっています。

一方布ナプキンも、吸水ショーツと同じく使用後の洗濯に手間がかかる点がデメリットです。



吸水ショーツと布ナプキンは
併用・使い分けもおすすめ

吸水ショーツと布ナプキンは併用・使い分けもおすすめ

吸水ショーツと布ナプキンは、状況に合わせて併用したり使い分けたりすることで、さらに生理期間を快適に過ごせる可能性があります。

経血量が多い日は
併用で安心!

先ほど触れた通り、ナプキン2~4枚分程度の吸収力を持つ吸水ショーツは、経血量が多い日には1枚では対応しきれない場合があります。

そこで量が多い日は吸水ショーツと布ナプキンを併用することで、デリケートゾーンに負担をかけずに、経血漏れを防ぐことが可能です。

吸水ショーツと布ナプキンの洗濯方法はほとんど変わらないため、洗濯の手間が大きく増えることもありません。

経血量によって
使い分けるのも◎

経血量が多い日は布ナプキンで対応し、生理のはじめや終わりがけの量が少ない日は吸水ショーツを使うといった使い分けもおすすめです。

量が多い日もこまめに交換できる布ナプキンなら安心ですし、量が少ない日は吸水ショーツ1枚だけで快適に過ごせます。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
YUKI
YUKI

「自分らしく、自由に生きたい」と考え、会社員を経て独立したフリーランスライターです。現在はマネー系/転職/住宅/生活情報など幅広いジャンルでコラムなどを執筆しています。趣味はのんびりと読書やお菓子作り、ガーデニングを楽しむこと。ライターとして、読者にわかりやすく伝わる文章の書き方を日々模索しています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品