気になる!長引く生理の予防とは

投稿日:
最終更新日:2021/06/11(金)

生理がいつもよりも長引く。そんな経験はありませんか?体調によるものなのか、どんな風に予防をすればいいのか、わからないことが多くて不安に感じる方も多いはず。

今回は、長引く生理の原因や予防についてご紹介します。

長引く生理とはどんなもの?

長引く生理とはどんなもの?

生理が長引くといっても、感じ方は人それぞれですよね。ここでは生理が長引くときに参考にしたい内容について紹介します。

生理が8日以上続いたら

1回あたりの生理期間は、一般的に4~7日間ほどといわれています。

10日や2週間など、8日以上続くようであれば、生理が長引いていると判断してもいいでしょう。

人によっては、1か月以上出血が続くという方もいます。

長引く生理は
どんな影響がある?

毎回10日以上出血が続く、いつもの生理に比べて明らかに長引いているなどといった場合は、子宮や身体のはたらきになにか影響が出ている可能性があります。

中には長引く生理による出血量の増加で、貧血になるという方も。

なにか違うと感じたら、遠慮せずに婦人科に行きましょう。出血しているときに病院に行っても大丈夫?と疑問に思う方もいるかもしれません。 その場合は内診をせずに問診などで状態を確認してもらえるので、気軽に相談してみるのがおすすめです。



生理が長引くのはなぜ?

生理が長引くのはなぜ?

生理の周期はその都度変わりやすいですよね。長引く生理はどんな原因が考えられるのでしょうか。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れの原因は、とても個人差が大きく 、原因が特定しにくい部分です。

ストレスや睡眠不足による自律神経の乱れ、激しいスポーツや過度なダイエットなどもあげられます。

普段から生理痛が重い方や、生活リズムがバラバラになりがちな方は注意が必要です。

生理周期を把握する

皆さんは普段から、自分の生理周期を把握していますか?

何日くらいの周期で次の生理がくるのか、生理期間はどれくらい続くのか。などが把握できていれば、生理の変化にいち早く気づけたり、次の生理の日程の予想もつきやすくなります。

カレンダーにメモしたり、デザインもかわいくて便利なアプリもたくさんあるので、ぜひつかってみてくださいね。



長引く生理の
予防のために

長引く生理の予防のために

ホルモンバランスの乱れなどによる長引く生理を防ぐためにできることを、紹介します。

身体の冷えは大敵!

よく言われがちではありますが、身体の冷えは大敵です。

冷えは免疫力の低下や血行不良、不眠や生理不順の原因にもなります。

暖かい季節はついつい油断してしまいがちですが、冷房の効いた電車やオフィス、お店などで身体はとても冷えています。手首や足首、お腹などは特に冷やさないよう、注意しましょう。

冷えとムレを
防ぐために

身体の冷えに注意しなければならないとわかっていても、汗をかきやすい季節には、どうすればいいのか迷う方も多いのではないでしょうか?

骨盤まわりには、とても大切な臓器がたくさんあります。骨盤まわりやデリケートゾーンを温めると、身体全体の調子を整えることにもなります。

冷えの防止には、ぜひ布ナプキンをお試しください。湿気は逃がして体温は守る優れもの。ムレずに冷えから身体を守るので、季節を問わずとても快適に過ごせるはずですよ。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
いまむらゆかこ
いまむらゆかこ

大阪市在住のフリーライターです。エステティシャンとスキンケアメーカー勤務を経て、肌や美容・ライフスタイルに関わる記事を中心に執筆。おとな女性に向けたコンテンツを日々作成し、届けています。野良出身の足が短いねこと暮らしています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品