気になる!生理ショーツ型ナプキン

投稿日:
最終更新日:2021/06/16(水)

数ある生理用品の中に、オムツ型のナプキンがあるのをご存じですか?生理ショーツ型のナプキンは、一般的な紙ナプキンと違い、下着感覚で履けるオムツのようなナプキンです。ただ、見た目から使う勇気が出ない方もいるのではないでしょうか。

今回は、生理ショーツ型ナプキンのメリットやデメリットについてご紹介します。

まるでオムツ?!
生理ショーツ型ナプキン

まるでオムツ?!生理ショーツ型ナプキン

生理ショーツ型ナプキンは、下着のように着脱ができるオムツ型のナプキンです。交換時は、横から手でちぎれば簡単に取り外しができる作りになっています。もちろん、ショーツ型なので下着は履かなくてもカバーできます!

生理ショーツ型ナプキンの
メリット

生理ショーツ型ナプキンの良さは、漏れが気にならないことです。肌を広範囲に包み込む設計になっているため、紙ナプキンと違い横漏れの心配が減ります。

夜間に経血が漏れてしまうと、朝起きてからテンションが下がってしまいますよね。

生理ショーツ型ナプキンは、寝返りをしてもいろんな角度から経血の漏れを防いでくれます。履くタイプなので、ズレる心配もありません。

生理ショーツ型ナプキンの
デメリット

生理ショーツ型ナプキンは、綿の下着と同じわけにはいきません。経血を吸収する素材でできているため、見た目は完璧にオムツのよう。

介護用の紙オムツのようにも見えて、若い人が履くイメージはありませんよね。

そのため、オムツと誤解されそうで人の目が気になることもあるでしょう。



生理ショーツ型ナプキンの
ココが気になる!

生理ショーツ型ナプキンのココが気になる!

生理ショーツ型ナプキンのメリット・デメリットを知った上で、気になることも出てくると思います。気になる部分は、解決して快適な生理期間を過ごしてくださいね!

しゃがむと生理ショーツ型ナプキンが
見えてしまう

生理ショーツ型ナプキンは、下着不要のナプキンのため、油断すると服の間から見えてしまうかもしれません。

たとえば、靴のひもを結ぶためにしゃがんだとき、ズボンの上からオムツのような素材が見えてしまうことも考えられます。

気になる場合は、黒いタイツやガードルを履いて、カモフラージュしてみませんか。

ナプキン交換時にかさばる

生理ショーツ型ナプキンは、紙ナプキンのようなコンパクトさがありません。ナプキンを交換する際は、かさばってしまいます。

小さな三角コーナーだと、生理ショーツ型ナプキンでいっぱいになってしまうこともあるでしょう。

持ち運び時も恥ずかしさが見え隠れするかもしれません。友達同士なら、開き直って伝えてみるのも良いでしょう。それでも不安なときは、持ち帰るかナプキン交換時は、紙ナプキンに変更してみるのもポイントです。



生理ショーツ型ナプキンを
上手に活用

生理ショーツ型ナプキンを上手に活用

生理ショーツ型ナプキンを使うには、向き不向きがあるかもしれません。漏れ防止を優先したいか、恥ずかしさを取り除きたいかでも変わります。お肌への負担が心配な方もいるでしょう。用途に合わせて上手に活用できると良いですね!

就寝時は安心の
生理ショーツ型ナプキン

寝返りによって就寝時の横漏れが気になる方は、夜だけ生理ショーツ型ナプキンを使ってみましょう。

包み込まれる安心感で、いつもよりゆっくり眠ることができるかもしれません。

下着がいらないので、翌朝新しい下着に履き替えられるのも嬉しいですね。

日中はお肌に優しい
布ナプキン

生理ショーツ型ナプキンは、生理のときのお助けアイテムですが、ふつうの紙ナプキンに比べて値段が高めです。

使い捨てなので便利な反面、経済的には負担が大きいですよね。そこでおすすめなのが、使い分けながら生理期間を過ごすこと。

布ナプキンは、お肌にも優しく洗濯して繰り返し使えるので経済的です。ゴミが出なくて環境のためにもなるため、トイレで交換するときに、生理ショーツ型ナプキンから布ナプキンにチェンジしてみるのも良いでしょう。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
ゆみこ
ゆみこ

地球と環境に優しい生活を目指し、より快適に過ごせるよう心掛けているライターです。布ナプキン歴は約5年。現在、「管理栄養士&転妻ライターゆみこBLOG」を運営中。気になることは積極的に試す好奇心旺盛な一面もあり。知りたい情報を的確に届けられるよう日々執筆しています。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品