サニタリーガードルとは?

投稿日:
最終更新日:2021/06/16(水)

生理用ショーツを履いていても、モレが気になるという人にはサニタリーガードルの着用がおすすめです。サニタリーガードルも着用して、生理を少しでも快適にしましょう。

今回は、サニタリーガードルの特徴やメリットをご紹介します。

サニタリーガードルとは?

サニタリーガードルとは?

サニタリーガードルとひと口に言っても2つのタイプがあります

ガードル機能がある
サニタリーショーツ

ガードルとは、ウエストやヒップラインを整えてくれる補正下着です。通常、体形補正のためにショーツの上に着用します。

しかし、サニタリーガードルは1枚で着用できるのが特徴です。クロッチ部分に防水布がついていたり、ナプキンの羽を隠せるよう二重仕立てになっていたりします。

生理用ショーツの上に通常のガードルを重履きしたくない人や、生理中もフィット感のある下着を身につけたい人にぴったりです。

オーバーパンツタイプは
特にティーンにおすすめ!

サニタリーガードルのなかには、ショーツの上に重ねて履けるオーバーパンツタイプのものもあります。こちらは生理に慣れていないティーンにおすすめです。

スパッツの内側に防水布がついているため、万が一経血が漏れてしまっても、服にまでしみるのを防げます。

なかにはポケットがついていて、ナプキンを入れられるものもあるので、チェックしてみましょう。



サニタリーガードルを
履く際の悩み

サニタリーガードルを履く際の悩み

サニタリーガードルはモレの不安を解消してくれるなどのメリットもありますが、気になる点もあります。

からだにフィットする一方で、
ムレやすい

サニタリーガードルは、通常のサニタリーショーツに比べて伸縮性がなく、体にぴったりフィットする履き心地です。

ナプキンがズレたりヨレたりしにくい安心感はありますが、ショーツの中はどうしてもムレやすくなってしまいます

また、経血が長時間肌に付着することで、肌トラブルも起きやすくなります。

肌トラブルを防ぐには

かゆみやかぶれなどの肌トラブルを防ぐためには、ショーツ内のムレを解消することが大切です。

できるだけ通気性の良い下着を身につけるだけでなく、ナプキンもこまめに取り換えましょう。

経血が長時間肌に付着するのを防ぐには、ナプキン交換のタイミングで、ウェットティッシュなどで経血をふき取るのも効果的です。



ショーツ内のムレを軽減したいなら
布ナプキンがおすすめ!

ショーツ内のムレを軽減したいなら布ナプキンがおすすめ!

ショーツ内のムレは、使用する生理用品を変えることでかなり軽減できます。

布ナプキンは通気性が良い!

ショーツ内のムレが気になる時は、布ナプキンを使ってみましょう。布ナプキンは、名前の通り布でできたナプキンです。

布ナプキンは吸水ポリマーを使った使い捨てナプキンに比べて、通気性が良いのが特徴。ムレにくいので、快適に過ごせます。

ふんわりとした肌触りも魅力です。

nunonaの3Dタイプなら
お手入れも簡単

布ナプキンは、使った後は汚れを落として、しっかり乾かす必要があります。最初は手間に感じるかもしれませんが、セスキ炭酸ソーダなどを使うとラクに汚れが落とせますよ。

もっとお手入れをラクにしたいのなら、nunonaの3Dタイプの布ナプキンを使ってみましょう。

3Dタイプ布ナプキンは、吸収体を裏返してしっかり洗えるだけでなく、吸収体と防水布の間を風が通るので通気性も良いです。

この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
結城 葵
結城 葵

現在、幅広い商品紹介記事や広告記事などをメインに執筆しているWebライターです。月経カップ・布ナプキンユーザー。フェムテックに興味があります。おいしいものとお酒が大好き! 趣味は料理と食べ歩きです。皆さんのお役に立てる情報をわかりやすく発信できるよう頑張ります!

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品