吸水型生理ショーツの使い方

投稿日:
最終更新日:2021/06/23(水)

吸水型の生理用ショーツは、高い防水性と吸収力が話題の生理用アイテムです。しかしナプキンを使った生理の過ごし方に慣れていると、使い方のコツや、お手入れ方法がわからないもの。

今回は、吸水型の生理用ショーツの詳しい使い方についてご紹介します。

吸水型の生理ショ-ツは
どう使えばいいの?

吸水型の生理ショ-ツはどう使えばいいの?

吸水型の生理用ショーツの使い方はとても簡単です!

通常のショーツと
同じ使い方でOK!

吸水型の生理用ショーツは、通常のショーツと同じようにただ履くだけで使用できます。

経血量が少ない時は、1日中履きっぱなしで過ごすことも可能です。

トイレに入る度に交換する手間がかからないので、生理用品を持ち歩くのが面倒な時にもぴったりですよ。

つけ置き+洗濯機で
お手入れも楽々

吸水型の生理用ショーツは使い捨てではないため、洗う必要があります。

しかし丁寧に手洗いで洗濯する必要はなく、使用後は洗濯機で洗えるものが多いのでお手入れも簡単です。

量が多い時はつけ置きで軽く経血を洗い流した後、洗濯機で本洗いをするときれいに落とせますよ。



初めて吸水型の生理用ショーツを
使う時のポイント

初めて吸水型の生理用ショーツを使う時のポイント

初めて吸水型の生理用ショーツを使う時は、どんな風にチャレンジしてみると良いのでしょうか。

自宅で短時間から
試してみる

今までナプキンで生理時期を過ごしていると、ショーツだけだと心もとなく感じてしまう人も多いでしょう。

最初は自宅で2時間から半日程度、短時間だけ吸水型の生理用ショーツで過ごしてみるのがおすすめです。

感覚に慣れてきたら自宅で過ごす時間はすべて吸水型の生理用ショーツで過ごしてみたり、短時間の外出に使って使う時間を増やしてみましょう。

経血量に合わせて
ショーツを選ぼう

吸水型の生理用ショーツの吸水量は、ショーツのタイプによって異なります。

自分の経血量をチェックしながら、吸水型の生理用ショーツを選ぶことが大切です。

経血量がわかりにくい時は、普段使っているナプキンの吸水量を目安にしながら選んでみてはいかがでしょうか。



量が多い時は
吸水型の生理ショーツは使わない方がいい?

量が多い時は吸水型の生理ショーツは使わない方がいい?

吸水力に優れたショーツでも経血量が多い時は、漏れてしまわないか心配になってしまいますよね。他の生理用アイテムと組み合わせれば、量が多い日でも吸水型の生理用ショーツを使うことができますよ。

タンポンや、月経カップと
一緒に使うのもアリ!

経血量が多く、時間に追われてなかなかトイレに行けない時は、漏れないか不安になりますよね。

経血量の多さが心配な時はタンポンや、月経カップを装着し、ショーツに染み込む経血量を少なくしてみてはいかがでしょうか。

使い捨てナプキンよりも頻繁に交換する必要がないので、量が多い時の経血漏れ対策におすすめです。

安心感が欲しい時は
布ナプキンと併用してみよう

経血量が多い日は、ショーツだけだと隙間から伝いモレがないか心配な人もいるでしょう。

ショーツの隙間を埋めて安心感が欲しい時は、布ナプキンを併用してみるのがおすすめです。

布ナプキンは通気性が高くショーツの中が蒸れにくいので、かぶれが気になる人にも使いやすいアイテムですよ。



この記事を読んだ人へ
おすすめ商品

はじめてシリーズ
まとめ割シリーズ
お悩み別シリーズ
福袋シリーズ
この記事を書いた人
ひいらぎ
ひいらぎ

元エステティシャンの経歴を活かした記事作成をメインに、ジャンルを問わず幅広く活躍する30代のWebライター。スキンケア・脱毛・コスメ・片付けなど、読者の「きれいになりたい!」気持ちに寄り添う記事を心がけて制作している。ちなみに布ナプキン歴は5年ほど。ブルーな生理時期を快適に過ごせるように日々奮闘中。

お得な布ナプキンセット
選べる布ナプキン単品
布ナプキン便利グッズ

nunonaのおすすめ商品